定番記事

国試

クエスチョン・バンク(QB)とは?

 

●ざっくり言うと…

 

・QBは多くの受験生が選んでいる国試の過去問題集!

 

・国試対策は5年生の春からスタートするのが主流!

 

・「1周目問題」を活用すれば早めに国試の全体像をつかめる!

 


 

 

9割の先輩が選んだ国試過去問題集

 

受験生の90%が合格する医師国家試験では,他の受験生が解けない問題を解ける必要がない代わりに,他の受験生が解ける問題を確実に解ける力が求められています.

このため,「国試対策の王道は他の人と同じ対策をすること」とされています.

 

さて国試では,試験対策の基本として“過去問演習”が欠かせません.

それは,国試が過去に出題された問題と類似した問題が多数出題されるプール問題形式をとっているからなんです.

 

QBは毎年多くの受験生に支持されている過去問題集です.

実際どのくらいの人がQB を使っているのでしょうか?

 

111回国試を受けた受験生3,066人(全受験者数9,618人の約32%)にアンケートをとってみました.

 

Q.『QB』を持っていますか?

なんと75.4%もの人が国試対策にQB を購入したということがわかりました.

 

さらに「もらった」人を合わせると,約90%の人がQBを使っていたということになります.

 

QBは解説が充実!

 

5年生になると,ビデオ講座を見始める方も多いことでしょう.

にもかかわらず,なぜ90%もの受験生がQBを使っているのでしょうか.

 

QBの特長は,過去問の解説が充実していること.

 

正解選択肢が正しい理由を書いてあるのはもちろんのこと,不正解選択肢についても,なぜ正しくないのか,逆にその選択肢が正となるのはどういうときかをしっかり書いています.

というのも,次回以降の国試で今回不正解だった選択肢が正解になる問題が出題されることが多々あるからです.

 

さらに,基本事項・補足事項で周辺知識を整理できるので,1周目だけでなく復習時の2周目以降にも得点力が伸びるようになっています.

これが予備校のネット講座のテキストとの違いなんです.

 

 

QBはいつ買えばいいの?

 

では,先輩たちはいつQBを買っていたのでしょうか?

111回国試の受験生にとったもう1つ別のアンケートをご紹介します.

 

Q.『QB』を購入した時期は?

 

結果をみてみると,5年生の4~5月までに買う人が4割を占め,6割以上の人が6年生になるまでにQBを買っていました.

国試対策は5年生のうちに,それも春からスタートしている人が主流だったんです.

国試までまだ2年もあるのに,どうして多くの人がQBをこの時期に買うのでしょうか?

 

医学生は5・6年生も忙しい!

 

多くの受験生が5年生の春から国試対策を始めている大きな理由は,国試までに臨床実習,マッチング,卒業試験と大イベントが目白押しで,国試対策をする時間が限られているからなんです.

また,私大に多い実習の後の総合試験や,卒業試験,マッチング試験自体が国試スタイルの出題であることが多いことも理由の1つです.

 

そこでおススメしたいのが,実習と合わせてQBを解いていくこと.

 

「1周目問題」を活用しよう!

 

とはいってもQBはなかなかのボリュームで,1つの科だけでも終わらせるのは大変.

そこで「1周目問題」の出番です!

 

「1周目問題」とは,QB掲載の全問題の中で最低限優先的に解いておきたい問題のことで,

次のように選別しています.

 

問題量がQB全体の約40%に絞られており,該当の問題は次のマークで示されています.

 

 

「1周目問題」を先に解くことで,早いうちに国試の全体像をつかめるようになっているんです.

 

以下に「1周目問題」を使った国試対策の1例をご紹介します.

 

1.QBの各科の1周目問題のみを解く(分量が多いと感じたら,臨床問題の1周目問題のみに絞ってもOK!).問題を解けたか否に応じて,問題右上のチェックボックスに○△×を付ける.

 

 自信を持って正解できた!

 正解できたが自信はなかった or 正解できたが2周目でもみておきたい

× 間違えた( ゚д゚ )

 

または,講義動画“Q-Assist”(詳しくはQBオンラインで配信中の無料講義「Q-Assist」を参照)を見て,講義に対応する問題を解く.

 

2.全科目の1周目問題を解き終えたら,残りの1周目問題以外の問題を解いていく.

 

3.間違えた問題(×を付けた問題)や,正解できたが自信がない問題(△を付けた問題)を解き直し,×と△がなくなるまで繰り返し演習する.

WEBで国試が演習できるサービスQBオンライン」(https://qb.medilink-study.com/)を利用すると,×や△を付けた問題だけを抽出することができるので便利です.

 

「QBオンライン」の詳しい活用法は「QBオンラインを使った過去問演習で実践力を身につけよう」をご参照ください.

 

カテゴリー