定番記事

実習・マッチング

【超人気病院】採用試験情報

 

ざっくり言うと…

 

マッチングにおいて,重要なことの1つは情報収集

 

毎年人気ランキング上位になる病院の試験情報を集めました!

 

そこを志望しなくても,ほかで同じようなことを聞かれるかも

 


 

 

 

↓こちらもオススメ

【マッチング体験記】筆記試験・小論文の対策

【マッチング】スケジュール(2018年度版)と体験記

臨床研修病院 人気ランキング【2018年度実績より】

 

手稲渓仁会病院

 

筆記試験:( 東京会場)60分で5肢択一(約30問,半数が英語)と小論文400字

「同期の研修医が鬱病になったときの対応」

 

面接試験:3対1の幹部面接と若手医師との面接,英語による面接の合計3回,各20分.
志望動機や学生生活,将来の志望科,臨床研修制度について,友達のサポートの仕方についてなど.

 

先輩からのアドバイス:筆記試験では,一部英語での出題があるので苦手意識がある人はUSMLE 形式の問題で慣れておくことが良いと感じました.難易度は国家試験レベルでした.試験までにQBは終えると良いと思います.午後の面接は和やかなのでリラックスして挑めます.英語面接は全配点の5%と聞きました.

 

都立多摩総合医療センター

 

筆記試験:学力を図るような筆記試験はない.以下のようなテーマでについて回答する試験であった.

・医学部6年の時点での自己評価を述べよ.

・研修医を終えた時点での最終目標を述べよ.

・その目標を達成する上で方略について述べよ.

・自分が研修医半ばで目標を達成するのが,難しいと感じたときにどのように対処するか.また目標を達成できていない同期や目標を達成するのに順調に進んでいる同期がいるがどうするか.

・自分の希望の診療科の患者が来院し問診を取っていたが研修医で義務のカンファレンスと被ってしまった.あなたはどのように対応するか.

 

OSCE:①まず文章を1分程度で読む(「肺炎で治療中の患者さんに対する対応」を答えさせる問題).

模擬患者さんへの対応:7日間の抗菌薬投与で肺炎の治療が完了したがADLが落ちている患者.リハビリのために転院を考えていることを上級医のいない場で患者さんに説明するというものだった.

・実際の患者対応

患者は,「本当は転院したくないんです」という内容のことを自分に相談してくる.それに対する対応を行う.

その対応をビデオカメラで撮影されて評価される.

 

面接試験

①集団面接:面接官2名(うち一人が質問担当,一人がメモ担当).受験者10人がコの字に並べられて面接を行う.

本日の試験の感想とその改善点を一人ずつ順番に答える形式.和やかな雰囲気で,学生を評価するという場ではなく,多摩総合医療センターの試験をより良くするために学生に意見を聞くという場でした.

②院長面接:5分程度 院長と1:1での面接

・出身地についてのお話を少し

・家族についてのお話

・父の職業について,具体的に何をしているかなど.

③個人面接:面接官3名 10~15分程度

履歴書について(趣味,特技,実習において,自分の印象に残った患者さんについて)クイズ形式で,向かって右の先生から順に一つずつ質問される.

「病棟にいるときにナースさんのいないところで経鼻胃管を抜去する患者さんを見つけた.あなたならどうする?」

「朝起きたら10時でした.あなたならどうする?(遅刻した際の対応)」

「将来の展望について聞かれました.10年後(?)程度まで見据えて教えてください.」

 

 

先輩からのアドバイス:多摩総合医療センターではたくさんの見学者がいるため一度のみと決まっています.その一度で出来る限り多くのことを聞きましょう.優しい先生ばかりなので,とても雰囲気良く対応してもらえるのでご安心ください.

足切りはないので,当日全力でコミュ力を発揮しましょう.多摩総合医療センターの試験で大切なことはまずは自分探しです.自分がどのような人間で今まで何をしてきたのか,これからどのようなことがしたいのか.研修で何をしたいのかなど多くのことを問われます.具体的に一つ一つ考えて一貫性を持たせることが合格への道へつながると思います.非常に早いタイミングでマッチングが行われるので,くれぐれも手続きだけは早めに行いましょう.当日は緊張で失敗もあると思いますが,とても考え抜かれた楽しい試験問題が盛り沢山なので,これまでの経験を生かして全力で取り組み続けることが合格への一歩になると思います.心から応援しております!

 

東京逓信病院

 

筆記試験:90分(消内,脳内,循内,血内,代内,呼内,腎内,外科(消化器外科,呼吸器外科))

※ 各科100点満点×8科目(呼内20問,脳内10問,外科10問,あとは5問ずつ),循環器はすべての選択肢に○×をつける.マルチプルチョイスで,一般問題.

 

面接試験:1人15分.面接官2名

本院の志望理由,昨晩はよく眠れたか,本院は第一希望か,将来の希望診療科について,学生時代の部活動について,学生時代で一番印象に残っていること,座右の銘,気分が落ち込んだ時はどうするか,嫌いな食べ物は何かあるか

 

先輩からのアドバイス:筆記試験と面接との配分が2:1 という話であるので筆記試験重視の病院といえる.筆記試験は,基本的な問題も出題されるが,びまん性汎細気管支炎(DPB)で多いHLA タイプなどと結構細かいところも聞いてきます.外科では疾患と人の名前のついた術式(慢性膵炎に対するFrey 手術など)を選ばせる問題なども出題された.対策にはQB など国家試験対策問題集とイヤーノートで勉強しましょう.面接は終始穏やかな雰囲気.部活の話は盛り上がります.

 

NTT 東日本関東病院

 

筆記試験:90分で50問(内科学25問 外科学25問)全て選択問題,一般,臨床共にあり.細かな知識まで問われる.

 

面接試験:①個人面接:部長クラスの先生2名+事務系1名,計3:1の面接.10分ほど.

聞かれた内容:出身地や出身高校について,進路の希望(診療科は決まっているかなど),ストレスを発散する方法は何か,その他言いたいことや聞きたいことはあるか,など

「自分の長所と短所,これまでの経歴・研究内容,臨床か研究か,良い医師とはなにか,見学で印象に残ったこと,志望科の欄に記載していないが興味のある診療科について,その他聞きたいこと

②グループディスカッション:個人面接後,1グループ7~8人.15分間.討論内容は入室後知らされる.試験官は20人ほど.

「医療費削減というテーマで自由に話し合ってください」

「 ブラック企業と言われる労働時間の延長が問題となるが,医療現場においてこの問題をどう考えるか」

 

先輩からのアドバイス

・見学回数:4年のときに実習で1回(1週間),6年で1回(1日)

事務の手違いで一度流れてしまった(事務からの返事が遅い、事務とうまく連絡が取れないという人が周りにもいた。マッチング直前期には改善されたらしいが…).

6年で見学に行った際,試験を担当するという先生と会うことができた.

面接も担当するということで,「自分ならこういう人を採りたい」といった話も聞くことができた(個人面接は3ブースあり、実際にはその先生には当たらなかったが).

・筆記試験レベル:筆記試験はやや難易度が高いが,難しすぎる問題は周りもできていなかった印象.国試レベル+その少し上のレベル.

・筆記試験を乗り越えるためにはどのくらいの勉強が必要か:マッチングの筆記試験対策としては,国試回数別を3年分と,過去問(見学に行って研修医に聞いてみると…)を勉強したが,それでそこそこ解けたと思う.

・足切りはあるのか:足切りはなかった.

・面接官は何人いたのか:個人面接は3人,集団面接は20人くらい.

・どんなことを聞かれたのか:個人面接:出身地や出身高校について,進路の希望(診療科は決まっているかなど),ストレスを発散する方法は何か,その他言いたいことや聞きたいことはあるか

集団面接:「医療費削減というテーマで自由に話し合ってください」

・面接の雰囲気は(穏やか,厳しい など):個人面接はどちらかというと穏やかな雰囲気だった.

集団面接は試験官が多く,向かい合う形(受験生グループがほぼ横一列に並び、正面すぐ近くに試験官が大量にいる)であったこともあり、厳しい発言こそなかったものの,非常に圧迫感があった.

 

・グループディスカッションのテーマ:医療費削減について

・来年受験する後輩へのアドバイス

見学時に重要人物と会うことが大切,という話を友人から聞きました.内科では,腎臓内科や消化器内科(もう少しあった気もしますが忘れてしまいました.すみません)を見学しておくと良いそうです.実際自分は消化器内科の見学で、試験官をするという先生と話すことができました.

もちろん自分の興味のある科を見ることは大事なので、1度目は興味のある科を見学し,その際に研修医などに「マッチング的に重要な科や先生」を教えてもらって,2度目の見学に活かすというのがいいかもしれません.

 

配点はわかりませんが,集団面接が最も手ごわかった印象です(筆記試験、個人面接はある程度対策ができるが,集団面接は対策が難しい).

 

虎の門病院

【外科選考】

筆記試験:100問程度あり,多肢選択式.後半10問は英文問題であり,USMLE STEP1,2を模している.内科,外科が多くを占め,その他小児,産婦,公衆衛生からの出題がある.マイナー科からの出題は少ない.

足切りあり.基準に関しては不明だが,比較的簡単な問題も多く,それらが解ける60%程度が足切りラインの可能性がある.

 

面接試験:個人面接を教育部面接(6人の面接官)と部長面接(約12人の各診療科部長)とで各10分ほど2回実施.

 

①教育部面接:研修センターや初期,後期の先生等を交えた面接

自分の長所と短所,これまでの経歴・研究内容(再受験のため),マッチング書類に記載した医療問題についての考え,その他聞きたいこと

 

②部長面接:各診療科の部長クラスの先生による面接

これまでの経歴,医師を目指した理由(比較的詳細に問われた),医学部に入ってからのイメージの変化,印象に残った患者,見学に来て実際にどうだったか,チーム医療について

 

先輩からのアドバイス:外科志望者は面接が肝要です.元気とやる気をアピールしましょう.基本的な事項は国家試験レベルで対応可能なため,マッチング前に一度QBを終わらせておくことが重要かもしれません.しかしながら個人的な感想としては,難問をちゃんと解けているかどうかが合格を左右していると思うので(特に内科志望者),試験対策ではあまり聞きなれない医学用語(adenocarcinoma sequence など)をちゃんと幅広く勉強しておくことが重要だと思います.100問中60問程度は過去問の改変なので,試験2週間前くらいから過去問対策をすると良いです.

 

武蔵野赤十字病院

 

筆記試験:下記英文内容で,思ったこと,考えたことを800字以内(日本語)で論じろ,という出題だった.

 「筆者はアメリカで内科レジデント2年目の医師.既往歴・手術歴多数で死期が迫ってもなお死を受容できず生にすがる高齢女性を担当し,戸惑いを覚えている.筆者は終末期ケアに疎く今後の方針をどうすべきか悩んでいる.DNARを取らねばならないが患者自身に決めるよう丸投げするのも,筆者自身が決めるのも違和感を感じる.患者のこれまでの経験,価値観に耳を傾けた方が良かったのではないかと後悔している.」という趣旨の内容.

 

 

面接試験

 

①集団面接:まだ若くて子供も小さいのに致命的な病気になってしまった人の文章を読んで思ったことについて集団討論を行ったあと,一人ずつ個人面接.集団面接では司会やタイムキーパーを自分たちで決めた.

 

②個人面接:1人15分.先程の面接官がそのまま一人ずつ質問して行く形式.

志望動機,なぜ医学部に入ったか,病院見学で印象に残ったこと,自分を動物に例えるなら何か,初期研修は大学に残るよう言われなかったか,といった一般的な質問に答えた.雰囲気は終始和やかだった.

 

先輩からのアドバイス:1日目の筆記試験である程度人数が絞られ,2日目の面接の朝に電話で合否を確認し,合格していれば面接を受けるという形式となっている.優秀にも関わらず筆記試験で不合格だった同期もおり,総じて評価基準は不明.誤って400字しか書かなかった友人も不合格だった.筆記試験は一般的な医学小論文であり,英単語の難易度はあまり高くない.対策としては小論文の書き方についての参考書を一冊購入して一通り目を通した.面接官には看護師と,中堅から院長までの幅広い年齢層の医師がいた.

優秀さをというよりは人当たりの良さやコミュニケーション能力の高さなどの人柄を重視しているようで,なかなか対策のしようがないといった印象.同じ大学から1,2名程度しか採用しないため自大学から誰が受験するか把握することも必要.大変な人気病院である上評価基準が不明なので,受かったらラッキー程度の心持ちで受験するのが得策であるように思う.

 

日赤医療センター

 

筆記試験:内科は血液,腎臓(特に透析),循環器,消化器等.マイナーや小児科産婦人科はほとんど出ない.英語は論文を読んでその内容を聞かれる形式.

※ 内科コース,外科コース,総合診療コースは半分以上足切り,小児科コースは4分の1程度足切り,産婦人科コースは足切りはありませんでした.

 

面接試験:個人面接一回で,面接官は4人程度,聞かれた内容は産婦人科志望動機や,研修医になって忙しくなってからの生活に耐えられるかどうか,小論文「私」の内容についてなどを聞かれました.

 

先輩からのアドバイス:筆記試験は大変難しいですが,できないものはみんな一緒なので捨てましょう.

内科外科両方で解けるものもあれば,QB やイヤーノートをはるかに超えるレベルもあるのでそういうものは諦めましょう.

中には消去法で何となく解けるものもあるので,拾えそうな問題は拾いましょう.

出る疾患が決まっているので,病院見学に行って過去問の再現を必ずゲットしましょう.

英語は論文も長く,時間が足りないので急いで解くことをオススメします.

医学英語の知識と,普段から英語の論文を読み慣れておくと楽かもしれません.

 

国立国際医療研究センター

 

筆記試験:英語のみ.5択の単語穴埋め問題が2つ,大意要約問題が1つ(センター試験レベル).内容は「精神科医フロイトの半生」

 

面接試験:内科,外科コースは1グループ受験生7人,30分×2回行われた.その他のコースは1グループ2~4人で,30分×1回.

 

①1回目(院長含む6名)(以下内科コースの一例)
志望動機を含めて自己紹介,ネフローゼをきたす疾患,どのような研修医になりたいか,
医師を志すにあたって影響を受けた人,実習で印象深かった症例について,何かを育てた経験はあるか,学生生活で失敗したこと,自分の長所と短所を具体例を含めて紹介

 

②2回目(副院長含む6名)
自己紹介,研修医になったと仮定して,朝の1時間で何をするか,看護師から聞いたことのない薬を出すように電話がきた.どうするか?,院内感染を防ぐためには何をするか,
学生生活で感動したこと,最近腹が立ったこと,自分の子供にひとつ伝えるとすれば

 

※原則,同じ質問に対して全員が答える形式.

 

先輩からのアドバイス:面接では,医学的知識を問われることも,問われないこともあったらしく,それよりも人間性が重視されている印象だった.待機室で他のグループの人とも話したが,グループによって聞かれたことは異なっているようだった.英語は参考程度にしか見ないという噂なのであまり気にしなくていいかと思います.

 

三井記念病院

 

筆記試験:90分.計160問(外科60問・内科80問:○×問題,産婦人科・泌尿器科10問:5者

択1,英語問題10問:長文穴埋め)

 

面接試験:3人で各20分,面接官7人

自身はどのような人か,研修中スランプに陥った時の対処法,将来のプランはなにか,

健康に気を使っている点は何かあるか,同期が自分よりも手術をさせてもらっていたら君はどうするか,野球大会ではどこの守備ができるか

 

先輩からのアドバイス:午前中の筆記試験はQB レベルから,最新の知識まで幅広く出題されています.産婦人科,泌尿器科ではQB で勉強をするといいと思います.出題範囲は内科,外科コースによらずに同じ問題のようです.病院見学に行くと研修医の先生から過去問をもらえますので,行った際には必ずもらいましょう.結構そのまま出題されます!(特に外科分野).

 

東京北医療センター

 

筆記試験:なし.

※事前提出書類に,『貴方がこれまでに果たした【貢献】について述べよ』という小論文あり.

 

 

面接試験:2018年度から面接方式が刷新されたようで,一般的な病院の面接とは異なります.従来,同じJADECOM系列である東京ベイ・浦安市川医療センターで採用されていた面接の方式が,2018年度から北医療センターでも導入されました.

2018年度は以下のような内容でした.

  • 受験生は5人1グループで面接を受ける.
  • 面接官は①~⑤の5つのブースに分かれる.
  • 各ブースで3分の面接時間がある.(3分ないしは3分前後だったと記憶してます)
  • 受験生はグルグルローテする.
  • ブースごとに問われる内容は異なる.
  • 面接官は機械的に受け答えし,回答内容をパソコンに入力する.
  • 2018年度の質問内容は以下の通り.

  ① 事前提出の小論文「貢献」に関して、今まで困ったことは?

  ② 継続的に取り組んでいることはあるか?

  ③ フリーブース、テーマなし

  ④ シナリオ:おじさんが脳梗塞で嚥下機能を喪失し、胃瘻を設置するかどうか…をおばさんに相談されたら,あなたはどうする?

  ⑤ 提出書類をもとに個人のことを質問

 

 

先輩からのアドバイス

  • 見学は1回行きました.
  • 筆記試験はありません.面接重視です.
  • 面接官は5人.
  • 面接の雰囲気は穏やか.
  • JADECOMの病院なので,特定の大学・医局とのコネクションはない.ただし,自治医大とはあるのかもしれません.

研修施設として充実しており,とても魅力的な病院でした.まずは見学することをおすすめします(事前見学は必須です).ここの研修を希望する場合は,地域医療振興協会(JADECOM)という組織をよく理解しておく必要があります.総合診療科などのジェネラリスト志望で,地域で勤務することも厭わない(むしろ希望する)という初期研修医が一定数在籍しています.そういう病院ですから.自分と相性が合うかどうか.見学してよくよく吟味しておく必要があると思います.

 

国保旭中央病院

 

小論文:( 事前提出)旭中央病院で研修を希望する理由(400字程度),2年間の研修修了後どんな医師になっていたいか(800字前後).

 

筆記試験:配点10%

見学に行くと過去問(3回×3年の9種類の過去問がもらえる)がたくさんもらえます.HPの募集要項にも直近1年分の過去問が掲載されるます.

 

面接試験:① 集団面接:なし.

 

② 個人面接:15分.試験官は3人(集団面接と同じ先生).1人の試験官につき4~5個の質問.ありきたりな質問も多い(履歴書・小論文の内容など).

 

先輩からのアドバイス:病院は東京駅からバスで2時間半のところにあり遠いですが,月に1回のペースで東京駅の近くで勉強会を開いています(学生は無料で夕食付き).旭中央病院を研修先として考えている方は一度は行ってみるといいと思います(リピーターもたくさんいます).

 

静岡赤十字病院

 

筆記試験:小論文のみ.1時間で「あなたが最も影響を受けた医学系の講義または講演について(1200字)」「医診連携について書きなさい(600字)」「あなたのモットーについて(20字)」の3題.

 

面接試験:個人面接.試験官4人.15分.「なぜこの病院なのか」など一般的な内容.雰囲気は終始穏やか.

 

先輩からのアドバイス:見学に複数回行って顔を覚えてもらえれば大丈夫でしょう.いわゆる人気病院と呼ばれる病院だからといって必ずしも良い研修が行えるとは限りません.当院のような都内から離れた病院に一度見学に行くと雰囲気の違いに驚かされることもあるしょう.

 

トヨタ記念病院

 

筆記試験:◯×試験100問.各問の正誤を記入する形式である.医学的知識としての難易度は基礎的なものから難しい問題まであるが,QBの一般問題を1周すれば満点近くとれる内容.

 

面接試験:① 事務系面接(5分),医長クラス面接(5分):5分面接の2つは面接官3人に対して受験生1人.面接内容はいずれも,志望動機,志望科,自分の性格,自己アピール,今までに印象に残った患者など,典型的な内容が多い.

 

② 院長クラス面接(30分):5人の面接官に対して,受験生5人.各面接官が2~3人ずつに質問してくる.面接内容は,トヨタ記念病院の魅力,学生時代の思い出とそこから得た貴重な体験,他の人の回答を受けて君はどのように思うか,など.

 

先輩からのアドバイス:研修医の話では我の強い人材よりも協調性あふれる人材が採用されているということであり,実際穏やかな研修医が多い印象です.救急の専門家が研修医の指導を手厚く丁寧に行い,研修医向けの毎朝のレクチャー(朝食付き)があることが特徴.

試験対策としては,QB 一般をひと通り終わらせ,面接における一般的事項の回答を考えておけば十分.

筆記でほとんど出来なくても採用されたという研修医の話もあったので,筆記試験のウェイトはそれほど高くないと思います.

 

豊田厚生病院

 

筆記試験:小論文と英文和訳.一斉に小論文を書き,その後,面接組と和訳組に分かれる.

小論文:『10年後の自分』というテーマ.辞書持込可.

 

面接試験:集団面接,約40分.院長,プログラム長,副院長,外科部長,内科部長,看護部長

自己PR,部活について,今までで一番困ったこと,飲み会では介助する方かされる方か,成績を自己評価するとどれくらいか,看護師の仕事についてどう思うか,ゴルフはするか,見学にきたときに印象に残った研修医

 

先輩からのアドバイス:英文和訳は論文のアブストを全訳するというもの.和訳は終わっていない人もいましたが普通はどちらも時間に不足はないと思います.内容も平易だった.

 

洛和会音羽病院

 

一次試験:事前小論文:病院HPに掲載.

例年,一次試験で半分くらいに足きりされるらしい.

 

二次試験:① 筆記試験:マルチプルチョイス60問(5択).マイナーも含め全科目(公衆衛生はなし),麻酔科や放射線科,感染症科など出題.うち5問が英語の症例問題.

 

② 面接試験:雰囲気はやや厳しい.3人の場合は30分.2人の場合は20分.面接官6~7名.
あなたにとってチーム医療とは,その中での医師の役割って何,何歳まで生きるつもりですか,当院の魅力を一言で表すと,あなたが,これだけは譲れないと思うことは.

 

③ 小論文80分1,000~1,200字:「宇宙カレンダー:宇宙の流れを一年間に例えると人類の歴史が始まったのは大晦日の午後10時30分みたいなこと」「 世界がもし100人の村だったら:6人が6割の財産を独占していて,大学に進学できるのは1人みたいなこと」

 

先輩からのアドバイス:筆記試験は,難易度はUSMLE くらい.全体的に範囲も広く,レベルは国家試験以上です.

内科,救急を中心とする幅広い知識が必要です.完璧を狙わず,内科のクエスチョンバンクを一通りやっておきましょう.

感染症,救急は臨床に則した形での出題があり,全貌を掴んでおくことが大切(SSCG の内容やCOPD 急性増悪の細かい対応など).

マイナーは難しいため,皆できないので差はつかないかもしれません.面接は,人間性や,とっさの対応を見られている印象でした.

 

大阪府済生会中津病院

 

面接試験:1人10分.面接官6名

自己アピール(時間の指定はなし),部活動,パーキンソン病についてプレゼン(1分程度),将来の希望診療科,自分のなかで嫌いな部分,一人暮らしをして成長もしくは気付いたこと,患者さんの高齢化が進んでいるが,この事に関してこれからの医療はどの様に対処していくべきか,最後に研修への意気込み.

 

先輩からのアドバイス:面接のみで筆記試験がないので,受験者は多い印象です.

面接試験では医学的な質問がありますが,基本的な質問に留まるので比較的早期に国試の勉強をある程度仕上げていれば問題はないかと思います.

面接中は笑いもみられ,穏やかな印象でした.

臨床研修の責任者である先生は質問には参加せず,受験者の観察をされていました.

履歴書に志望動機と自己アピール,病院見学の回数を記入するため,病院見学を行うことで記入する話題などを集めることが重要かと思います.

 

北野病院

 

筆記試験:2時間.医学50問(内科20問,外科10問,小児6問,産婦6問,麻酔3問,救急3問,精神2問)+英語20問(5択問題と空欄補充)

 

面接試験:集団面接,受験者2~3人に対して面接官3人,時間は20分程度.

当院・当プログラムを志望する理由,志望科について,見学に来た際,研修医の雰囲気をどう思ったか, 部活について,最後になにか質問はないか

 

先輩からのアドバイス:筆記試験はやや難しい印象でした.医学は確実に正解すべき問題と深い知識を必要とする問題に分かれていたので,差はつきにくいのではないかと思います.英語は主にHarrison や論文からの引用でした.

 

麻生飯塚病院

 

筆記試験:事前提出型の小論文,400~800字

「あなたの強みは何ですか?それを支持するエビデンスがあれば含めて記載してください」

 

面接試験:学生1人対面接官5人.20分.

研修後の3年目からの進路,将来希望する科,国試の勉強状況,学年での順位,親の職業,医師であれば何科か,開業しているのか,病院の名前,後を継ぐかどうか,家族について,兄弟はいるか,その職業は何か,学生時代していたスポーツ,その活動から何を得たか,研修医として何かしたいことは,英語が喋れるかどうか,小論文について(特にエビデンスについては小論文に書いてなくても聞かれた),最後に自己PR(終始自分に対する質問).

 

先輩からのアドバイス:成績表の提出もなく,「面接が99%を占める」と病院見学の際に説明を受けた.面接の雰囲気はいたって真面目,だが圧迫面接ではない.一度も質問してこない試験官もおり,この面接で自分がどんな人物か見極めようという感じが伝わってきた.自己PR は色々な武勇伝を聞くが,自分の麻生飯塚に対する熱い想いをぶつける方がいいと思う.

 

国立病院機構長崎医療センター

 

筆記試験:小論文:60分.400字以上800字以内.

研修1年目のドクターが,小児科当直の際,5歳の女児と母親に問診をとっていたところ,父親があなたに向かって「お前は,学生か?医者か?お前じゃ話にならないからさっさとちゃんとした医者を呼んでこい!!」と言いました.あなたは何を考え,どう行動するか?

 

面接試験:個人面接:1人20分.面接官3人.

座右の銘,勉強を続けていくことに抵抗はないか,あなたが一番感動したまたはすごいと思った医学史に残る発見は,チーム医療における医師の役割は,その時に何に気をつけるか,あなたの理想の医師像は,自分が考えた治療方針と指導医の治療方針が異なる場合どうするか,指導医の治療方針が採用された場合,あなたは心の中のもやもやをどう解決するか.

 

先輩からのアドバイス:面接は,願書の自己PR 欄に書いたことから中心に質問されます.面接の前に提出した願書のコピーを熟読しましょう.小論文や面接の内容から察するに,医師として働くということがいかにイメージできているかを見たいのだと思います.私は自己PR に長所として積極性と書いたのですが,面接官から「医療行為は危険を伴うものでなんでも積極的にすることはできません.何に気をつけますか?」というような現場をイメージさせるような質問を受けました.

カテゴリー