新着記事

デジタル

[QBオンライン]利用停止期間 & 4月からのリニューアルポイント

編集部のKです。こんにちは。

4月にリニューアルするQBオンラインについて重要なお知らせをお伝えしていきます。

 

◆サービス利用停止期間のお知らせ◆

 

2018年4月初旬、QBオンラインを含むmediLinkのサービスがリニューアルします。

それに伴い、下記の期間、QBオンライン(国試版・CBT版)のご利用ができなくなります。

 

【サービス停止期間】

 2018年3月23日~2018年4月初旬

(利用再開日はサイト上でお知らせします)

 

この時期にご利用の皆様にはご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

【リニューアルに伴う留意点】

 

・リニューアル前(2018年3月23日以前)に登録されたシリアルナンバー、演習履歴、ブックマーク、ノートの内容は、リニューアル後も引き継がれ、引き続きご利用いただけます。

 

・全国ランキングの推移、Q-Assist(β版)の各動画の「みた」ボタンのチェック状況は引き継がれず、リニューアル後はリセットされます。予めご了承ください。

 

・QBオンライン(国試版)の特典としてご利用いただいていたQuickCheck(β版)は、リニューアルに伴うサービス再編のため、当面の期間、サービスを休止させていただきます。ご活用いただいている皆様にはご不便をおかけして申し訳ありませんが、予めご了承ください。

 

リニューアルにより、4月からQBオンラインの利用条件などが変更になります。順に説明していきます。

 

◆QBオンライン 4月からのリニューアルポイント◆

 

まとめると…

(1)国試版:シリアル1つからでも利用可能に

(2)国試版:会員登録だけでも全問題の閲覧・演習が可能に

(3)国試版:常に最新年度のQBの演習問題リストを表示

(4)国試版:「2つ選べ」「計算問題」などでも検索可能に

(5)国試・CBT共通:「○△×」の他に「◎」を追加

(6)国試・CBT共通:ノート表示のタイミングを改善

 

 

(1)国試版:シリアル1つからでも利用可能に

 

これまでQBオンライン(国試版)の利用開始には、QB vol.1~5のシリアルナンバーをすべて登録することが必要でしたが、4月からは、次のどの巻からでも、1つ登録すれば利用を開始することができます。

・QB vol.1~7

・111回、112回などの回数別国試

 

シリアルを1つでも登録すれば、全問題の閲覧・演習、演習結果の保存、ブックマーク、ノートの保存、登録した巻の解説の閲覧が可能になります。

シリアルを追加していくと、その巻の解説が見られるようになっていきます。

またこの仕様は、QB2019からではなく、2018年度以前のQB、111回以前の回数別国試にも適用されます(各シリアルナンバーの有効期間は変更なし)。

 

※講義動画「Q-Assist」β版の無料公開は、これまで通りQB vol.1-5の登録が必要です。

 

※リニューアル前(2018年3月23日以前)に登録されたシリアルナンバー、演習履歴、ブックマーク、ノートの内容は、リニューアル後も引き継がれ、引き続きご利用いただけます。

 

 

(2)国試版:会員登録だけでも全問題の閲覧・演習が可能に

 

QBを購入していない人でも、無料のmediLink会員登録を行えば、QBオンライン(国試版)の問題を閲覧・演習することができるようになります。

(演習結果の保存、ブックマーク、ノートの保存はできません)

また、QBの解説がどれほど充実しているかを体験してもらうために、A章(消化管)の解説を無料で公開します。

 

 

(3)国試版:常に最新年度のQBの演習問題リストを表示

 

これまでQBオンライン(国試版)では、古い年度のシリアルナンバーを登録すると、その年度のQBの演習問題リストが分野別演習に表示されていましたが、4月からは、常に最新のQBの演習問題リストが表示されるようになります。

例えば「QB 2018年版」のシリアルナンバーを登録した方は、現在は110回の問題までが入った「QB 2018年版」の演習問題リストが表示されていますが、4月以降は、111回の問題が追加された「QB 2019年版」の演習問題リストで演習を行っていただくことになります。

 

古くなった年度の演習問題リストを表示することはできません。

「QB 2018年版」に収録されていたが「QB 2019年版」で削除された問題は、分野別演習の問題リストには表示されなくなります。

ただし、回数別演習や詳細検索などで検索すれば表示されます(QBオンラインから消える訳ではありません)。

 

問題リストの年度は、その巻の改訂のタイミングに合わせて切り替わります。vol.1~5(A~X章)は3月、vol.6(公衆衛生)は10月、vol.7(必修)は7月の予定です。

 

※CBT版はこれまで通り、登録した年度の演習問題リストが表示されます。

 

 

(4)国試版:「2つ選べ」「計算問題」などでも検索可能に

 

検索項目も充実します。検索画面では、次のような条件が追加されます。

・総論、各論

・2つ選べ問題、3つ選べ問題、多選択肢問題

・計算問題

・禁忌(Don’t)の内容を含む問題

 

特に試験の直前期に、苦手意識の強い問題を重点的にこなすのに役立ちます。

 

 

(5)国試・CBT共通:「○△×」の他に「◎」を追加

 

QBオンラインでは、「○ 正解」「× 不正解」のほかに、「△ 正解したが自信がない」を付けて保存し、復習に活かすことができます。

ただ、「○△×」だとタグ付けの種類が足りない!という声を多くいただいたので、「◎ カンペキ、もう見ない」を追加できるようにします。

これまでより一層、復習する問題を絞りやすくなります。

 

 

(6)国試・CBT共通:ノート表示のタイミングを改善

 

QBオンラインでは問題ごとに「ノート」を入力・保存することができますが、「問題演習中はノートの内容が見えないようにしてほしい」という要望を受け、解答前はノートを閉じ、解答後にノートが開くように変更します。

 

 


 

QBオンライン、4月からの主なリニューアルポイントをご紹介しました。

リニューアル内容についてのお問合せは、下記mediLinkお問合せページよりお送りください。

https://www.medilink-study.com/contact/

 

(編集部K)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事