新着記事

[改訂]表紙が新しくなって,使いやすくなった今年の『QB』

新しい『QB』,内容についてをこちらの記事で紹介しましたが
今年度版は,見た目も思い切って一新致しました.
箱だけと思わないでください.
実は,脱いでもスゴイんです.
箱から出すと,1巻1巻の表紙はこんな感じになっています.

メディックメディアの本は,箱やカバーを外すとどれもシンプル.
これは,電車の中や図書館など,人がたくさんいるところで勉強したいときに
何を読んでるのか,あまり知られたくない,という声を反映しています.

これまでの『QB』も,
「デザインが好きで買いました」
という人がいるくらい好評をいただいていたのですが,
今回もっとシンプルにしてしまいました.
これでどこへ持って行っても,人目が気にならず,心おきなく勉強に集中できます.

さらにさらに,機能面でも工夫をしてみました.
A章からX章,全巻並べると,こんな感じになります.


そう,ワンポイントで,色分けをしたんです.
問題集や教科書って,たくさんあるのにどの巻も同じデザイン,
ってこと,よくありますよね?

メディックに来ているバイトさんと話していたときに,
「自分がやっている巻がどれなのか,ひと目でわかると嬉しい」
と,ふと言われたんですね.
で,学生のみなさんに聞いてみると,
「タイトル以外にも目印があると嬉しいかも」
という声が多かったんで,こうしてみました.

自分が今取り組んでいるのは何科なのか,
表紙のカラーですぐにわかります.

きれいな色を選んだので,部屋に置いてもカラフル.
女子にはこういうの,喜んでもらえるかなと思うんですが.
これで,ちょっとでも勉強したいって思ってもらえたらいいな,と思ってます.

さらにこの科ごとの色分け,
『病気がみえる』シリーズのカラーリングと対応しているんです.
血液なら赤,呼吸器なら空色…と,
なんとなくイメージに近い色であわせてみました.

これからメディックで出す本には,
共通してこのカラーリングをしていこう,と計画しています.
いわばメディックの提案する“ユニバーサルデザイン”.
みなさんも使ってみて,よかったらご意見をお聞かせください.
voice@medicmedia.com

(編集部 H)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー