新着記事

[5・6年生向け]ガイドラインからみる107回国試
第2回:ズバリ出題された『新ワード』はこれ!(その2)

こんにちは,編集Aです.
107回国家試験と,平成25年医師国家試験出題基準(ガイドライン)について
お送りしているシリーズの2回目です.

前回は,新ガイドラインに追加された疾患である
視神経脊髄炎(NMO)と副鼻腔真菌症が,
早速107回で登場したことをご紹介しました.

今日は,その続きです.
ガイドラインに新しく加わった用語の中から,
実際に107回国試に出題されたものを紹介していきます.

 

3.医師憲章

医師憲章については,メディックメディア発行の無料情報誌『INFORMA』2012夏号(44号)
で注目していました.
informa44_ishikensho(画像をクリックすると拡大します)

まさに今回,基本3原則プロフェッショナルとしての10の責務について問われました.
その問題がこちらです.

107C1
医師憲章による医師の責務に含まれないのはどれか.
a 利己主義
b 医療の質の向上
c 医療へのアクセス向上
d 患者との適切な関係の維持
e 有限な医療資源の適正配置

正解:(正答率:99.3%)

医師憲章については『サブノート2013』3ページに掲載していますので,
必ず内容をおさえておきましょう!!

 

4.ヘプシジン

ヘプシジンについては,『INFORMA』2012夏号(44号)だけでなく
このWEB INFORMAでも紹介.メルマガでも配信しました.
informa44_hepcidin(画像をクリックすると拡大します)

106回に引き続き,今回も間違い選択肢の中に登場しました.

107G34
体内の鉄動態について正しいのはどれか.2つ選べ.
a 鉄は2価イオンの形で吸収される.
b ヘプシジンは鉄の吸収を促進する.
c 腸管からの鉄吸収率は50%を超える.
d Hb 15g/dlの血液10mlには10mgの鉄が含まれる.
e 血清鉄はトランスフェリンと結合して細胞に輸送される.

正解:a,e(正答率:80.4%)

鉄代謝についての基本事項をおさえておけば解ける問題ですが,
ヘプシジンに関する間違い選択肢bを選んでしまった人も1割近くいました(9.8%).

ヘプシジンは,鉄代謝の負の調節因子でしたね.
ヘモクロマトーシスなどの鉄代謝異常に関わる重要な因子です.
ヘプシジンの遺伝子に変異が起こって働きが弱まると,
血清鉄が過剰になり,心臓や肝臓などの臓器に鉄が沈着して
臓器障害をきたします.

鉄代謝研究の発展に伴って、この領域は今後も要注目です.
今一度知識を確認しておきましょう.
*参考記事:https://informa.medilink-study.com/web-informa/post4490.html/
*『イヤーノート2014』D-144

 

5.災害派遣医療チーム(DMAT)

こちらも『INFORMA』2012夏号(44号)で紹介しました!
informa44_dmat(画像をクリックすると拡大します)
正答ではありませんが,DMATという用語が初めて国試に登場しました.

107B5
災害医療について正しいのはどれか.
a 災害拠点病院は市町村が指定する.
b トリアージは医師でなくても行うことができる.
c 災害現場では医師は救急救命士の指揮下に入る.
d 防災体制を整備する地域的単位を二次医療圏と呼ぶ.
e 災害医療とは災害派遣医療チーム〈DMAT〉の医療活動のことである.

正解:(正答率:95.3%)

震災後の昨今の社会的ニーズに沿う内容といえますね.
社会的に要請の高い分野を含めた幅広い領域からの出題を優先させることは
ガイドラインの冒頭にも明記されています.
今後も災害や救急医療に関する問題は出題されると考えられます.

 

6.GPA:granulomatosis with polyangiitis

これはWegener肉芽腫症の新名称です.
WEB INFORMAでも何度かご紹介しているので,もうおなじみでしょうか.
https://informa.medilink-study.com/web-informa/post4706.html/

直接解答に影響するわけではありませんが,
今年の国試から,早速この「GPA」が併記されました.

107I38
疾患と自己抗体の組合せで正しいのはどれか.2つ選べ.
a 多発性筋炎・・・・・・抗ミトコンドリア抗体
b 関節リウマチ・・・・・・抗Sm抗体
c 混合性結合組織病・・・・・・抗RNP抗体
d 全身性エリテマトーデス〈SLE〉・・・・・・抗Scl-70抗体
e Wegener肉芽腫症〈granulomatosis with polyangiitis〉・・・・・・抗好中球細胞質抗体〈ANCA〉

正解:c,e(正答率:98.7%)

学会ではすでに「Wegener肉芽腫症」という言葉は使わず
GPA』が一般的になっているそうです.
ちなみに和名は「多発血管炎性肉芽腫症」ですが,
この和名までは国試ガイドラインには書いていません.
ただし和名が登場しても驚かないように,
疾患名が変わったことは知っておきたいですね.

 

最新情報を知っておく必要性は,これだけではありません.
HbA1cについても,今回の国試で変化がありました.
計測規格が2012年に臨床現場でも『NGSP値』に移行されたのを受けて,
今回の国試では,HbA1cはNGSP値で表記されるようになりました
(107D47,F23,I69など).

こうした動向が早速反映された今回の国試.
日頃から,疾患概念などの知識をアップデートしておくことが重要です.

◆◆◆

この他,

t-PA(107I35で出題)
民法(107G2で出題)
栄養サポートチーム(NST)(107B27で出題)
GPIアンカー蛋白(107D17で出題)

などが,107回試験に登場しました.
やはり過去に間違い選択肢として
ひっそり登場していた言葉もありますが,
いずれも出題テーマとなったのは今回が初めてです.

これらに関する知識は,今後さらに進化して出題される可能性があるので,
知識をしっかり確認しておいてくださいね.

 

ここまで,具体的な言葉をピックアップしてご紹介しました.
次回は,もう少し広い目でとらえて,
新ガイドラインが107回国試でどう活きているのかを
もう少し掘り下げてみていきたいと思います.
お楽しみに!

—————————–
実際のガイドラインは厚生労働省のサイトをご覧ください.
PDFで公開されています.
http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/05/tp0510-01.html
—————————–

(編集部A)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー