新着記事

[6年生]マッチング試験対策特集その3マッチング試験当日に役立つ持ち物チェックと面接のポイント

こんにちは.
もうすっかり真夏のような暑さですね.

今日は,先輩に聞いたマッチング試験当日に役立つ,持ち物と面接のポイントについてお話します.
面接当日に慌てないように,持ち物は事前に必ず確認して足りない物はそろえておきましょう.

まずは,身だしなみ
「人間,外見より中身だ!!」といっても,
清潔感がなければ,中身を見てもらう前に,悪印象を植えつけてしまいます.

【身だしなみのポイント】

□ソックス,ストッキングの汚れや破れはない

□ジャケットやスカートのしつけ糸はとってある

□靴はみがいてある

□(男性)白いソックス,くるぶしまでのソックスはNG

□アクセサリーは当然NG(腕時計はOK)

□ロングヘアはまとめる

 

次は持ち物.

真夏の面接なので,暑さ対策も必要です.ハンカチは必須.ウェットティッシュもオススメ.
提出物に基づいて質問されることが多いので,
提出物のコピーは移動中や面接前に見直せるよう持って行きましょう.
また,万一のために,担当者の名前,部署,電話番号のメモは控えておきましょう.

【持ち物チェックリスト】

□スーツ・靴・カバン

□財布・携帯電話・鍵・定期入れ

□筆記用具

□提出物のコピー

□地図・交通手段のメモ

□病院の資料

□病院の連絡先(担当者の名前,部署,電話番号)

□ハンカチ・ティッシュ・タオル

□ストッキングの替え(伝線したときのため)

□腕時計

□飲み物

 

持ち物が準備できたら,いよいよ面接です.
面接とは,何を,どこを見られるのか?

先輩医師はこう言っていました.
「まずは,社会人としてのマナー,常識があるかがみられる.
1年目の研修医は挨拶がきちんとできて,時間を守れたら,とりあえず最低限は合格.

【社会人としてのマナー】

■時間
遅刻厳禁です.15分前には会場に到着できるよう,余裕をもって家を出ましょう.

 ■控え室
携帯の電源を必ずOFFに.
ネクタイを締め直し,身だしなみを最終的に確認し,整えましょう.

■入室
名前を呼ばれたら「はい.」と返事をし,ドアを2回ノック.
「どうぞ」と呼ばれたら,「失礼します.」と言って入室.
静かにドアを閉め,椅子の横まで行き,
大学・学部学科・氏名を起立のまま面接官の目を見て言う.
※指示があるまで,着席してはいけません.

■面接中の態度
椅子へは深すぎず,背もたれから少しあけて座りましょう.
姿勢を正し,手は膝のうえにおく.
面接官が複数いるときは,質問をした面接官の顔をみながら,話しましょう.
言葉遣い,敬語に気をつけ,ハキハキと答えましょう.

■退室
面接が終了したら,
立ち上がって「ありがとうございました.」「失礼します.」と挨拶し,
静かにドアを閉めて退室.

以上のポイントは「社会人になる」ためのマナーです.
医師になってからも,ずっと使えるマナーです.

ぜひ,参考にして,面接がんばってきてください.

(編集部W)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー