新着記事

[6年生向け]『病みえ』+『QB』で早めの産科対策(1/2)

今日と来週の2回に分けて,
T大学卒の M.Y.さんが実践した,夏の国試対策を紹介します.

 
★ 国試の鬼門,産科

「国試対策が不安な科目は何ですか?」と聞かれたら,
産科を挙げる人が多いのではないでしょうか?

産科は,国試500問中,毎年30問前後出題され,
メジャー科目と並んで問題数の多い分野です.

実際に103回でも産科は31問出題され,
議論の多い問題もありました.
しかし,
受験生の間では国試直前になっても産科対策が終わっていない,
産科は苦手だ,勉強がしにくい,

という声がよく聞こえてきます.

産科・婦人科は
『イヤーノート』にも『レビューブック』にも載っていないし,
これをやれば大丈夫!
といった国試対策本もなかなかありません.
教科書も厚いものばかりで,全部読む気は起きませんよね.

また,妊娠・出産の正常・異常を理解するのは
決して簡単なことではありません.
誰もが,
どうやって勉強すればいいの?
と産科対策に悩まされるはずです.

そこで,秋ごろまでにやっておくと国試前に楽になる,
『病気がみえる』と『QB』を使った産科勉強法を,お伝えします.

 
★ 出たトコがわかる『病みえ』をつくる

まず,
真っ白な『病気がみえるvol.10産科(以下,病みえ)』
『QB産科(以下,QB)』を用意します.
もちろん,使いこんであっても大丈夫です.

『QB』を一番最初から解いていきます.
この時に問題中に出てきた用語などを『病みえ』で探し,
マーカーでチェックして問題番号を書き込んでいきます.

この,問題番号を書き込むという作業がポイントです.

例えば103回B25の問題だったら,
『病みえ』(第1版)240ページ「産褥性無月経」を開き…

各選択肢の正誤を決められるような記述
「無月経の期間は授乳の有無により大きく左右される」
「月経発来前に排卵を認めることもあり…」
「プロラクチンの卵巣機能抑制作用によって…」

などにマーカーをひき,「103B25」と横に小さく書き込んでおくのです.

byomie10_240

これを,ひたすら『QB』1冊分,やり続けます.
自分がわかっている問題も,わからない問題も,同じ様にやります.

同じ範囲の同じ用語が出てきても,
必ず『病みえ』該当ページを開き,
問題番号を記入するのを忘れないでください.

同時に,『病みえ』の特徴である
わかりやすい図や表にも目を通していきます.
文章よりも図や表のほうが頭に残るはずです.

『QB』のMINIMUM ESSENCEや解説にあって
『病みえ』にはない事項は,
『病みえ』に書き込んでいってもいいかもしれません.

また,『病みえ』でどうしてもわからないことは,
成書で調べてみるといいと思います.

(次回に続きます…)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー