新着記事

[4,5年生] 4年生からはじめる病院見学のススメ(その5)

◆◆ 第5回:食事に誘われたら,断らない.

病院の研修医や先生から,食事に誘われたら,
ぜひ連れていってもらいましょう♪

会社におけるランチミーティング,
学会におけるランチョンセミナー,
政治家の会食などなど,
食事の場はお互いにリラックスできる場なのです.

まぁ,とにかく誘われたら,ぜひぜひ.
先生とより親しくなるのも,決して悪いことではないはず.

 

いろんな話を聞くことも目的ですが,
人間関係作りも重要な目的の一つですよ.

一般的にはランチに比べて,ディナーはより,くだけた感じになります.
特に,病院外ならラッキーです.

なんで病院外のほうがいいかって?

気分なんて,シチュエーションで変わるもんです.
病院内と病院外なら,
本音トークはやっぱり“病院外”のほうが聞ける可能性は高い.

私も,個人的に誘われたり,忘年会・歓迎会・送別会に誘われたりと
いろいろありましたが,全出席しました.
たいてい,次の日からの実習が精神的に楽になります.

そうなれば,先生方との会話も増え,
研修先としての情報や医学的に有用な知識も,どんどん聞けます.
“断ればよかった”なんてことはなかったですね.

もちろん,“連れて行ってください”,“おごってもらうのが当然”
っていうような態度は御法度です.
そんな義理はないのですから.

そして,お金を払っていただいたときには,感謝の気持ちを忘れずに.
あと,飲みすぎない,先に箸をつけない,
「遠慮せずに選んで」と言われても高額なものを注文しない,
などの最低限のマナーも守ってくださいね.

もちろん,女性の方が男性の先生と1対1っていう場合や,
何らかの予定があるときなどで無理なときには,
失礼のないよう丁寧に断りましょう.

◇◇◇◇◇◇◇

次回へ続きます.(もと医学生 T)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー