新着記事

[6年生向け]国試出題予想”TO NEXT”!本番までに一度はご覧ください!

こんにちは.編集部R.Aです.
そろそろ卒業試験が終わった学校も多いでしょうか.
最新の『110回 医師国家試験問題解説』(メディックメディア)はもう解きましたか?

『110回 医師国家試験問題解説』にはシリアルナンバーがついていて,
これをmediLinkサイトで入力すると,「QBオンライン」上に
110回の問題・解説を表示させることができます.

110回および109回国試の問題解説のうち,
メディックメディアがセレクトした39問(110回22問+109回17問)問に,
TO NEXT」という解説項目を設けました(109回はオンライン版のみ).
今回はそのご紹介です.

TO NEXT」は一言で言うと,
今回の国試や過去の国試の出題傾向から,
次回以降の国試で出題される可能性の高いと思われる情報に注意を向けてもらう」ものです.

国試109I28の問題を例にみてみましょう.
http://qb-online.com/#/list/109I28

 

小児期の皮膚筋炎で正しいのはどれか.
a 男児に多い.
b 悪性腫瘍の合併が多い.
c 死因は横紋筋融解症が多い.
d 診断にはMRIが有用である.
e 抗Jo-1抗体は半数の患者に陽性を示す.

答えは 「d 診断にはMRIが有用である.」です.
実は,前年の108回108D45でも「皮膚筋炎疑い→MRI」が出題されています.
つまり,出題者側は「皮膚筋炎疑い→MRI」をプッシュしたいような感じなのです.

この109I28のQBオンラインでの解説には「TO NEXT」がついています.
これをみてみましょう.

【TO NEXT】
■皮膚筋炎のMRIを実際にみておく
前年度に続いて(108D45),皮膚筋炎→MRIが出題された.
今後は,実際の画像をもとに診断する問題が出題されうる.
このためMRI画像も併せて確認しておこう(参考画像確認).

いずれ,実際にMRIの画像が出て,
皮膚筋炎を診断させるような問題が出るから,
予め画像みておきましょうね,ということです.
QBには,それを見越して,解説に参考画像がついています.

621220c0e28b3369329cfa01ec52db5c-300x278


このように,過去の国試には,
次回以降の国試の出題を予想できるヒントがいろいろ隠れています.

他の例をみてみましょう.

103D44で誤答選択肢に「大脳皮質基底核変性症」が初登場
https://www.qb-online.com/#/list/103D44

数年空いて108D13,109A11と2年連続で誤答選択肢に再登場
https://www.qb-online.com/#/list/108D13
https://www.qb-online.com/#/list/109A11

→次は「大脳皮質基底核変性症」がテーマの問題が出ると予想
→110G48で的中.臨床問題に初登場
https://www.qb-online.com/#/list/110G48

→しかし,診断自体が下せなくても解答可能な問題だった.
→今後は「大脳皮質基底核変性症」を主題とした,さらに踏み込んだ知識が必要かもしれない
「画像上の左右差のある大脳皮質萎縮」「失行」「錐体外路症状」といったポイントはおさえておきましょう!)
→はたしてその結果やいかに…!


このような予想が当たるのことはすごいことでも何でもなく,
国試の出題パターンを知っていれば,誰でも予想できてしまうものなのです.
だからこそ,確実におさえておきたいですね.

TO NEXT」は実際の出題から導ける今後の受験生のための予想コメントなわけです.

500問ある国試の問題解説で,「TO NEXT」を探すのは大変ですね.
このためQBオンラインではTO NEXT」だけまとめてみたいという方のために,
TOPページに「TO NEXT」ボタンがついています.

161122
(スマホ版ではTO NEXTアイコン(ボタン)がページ下部に表示されます)

これをClickすると,問題をいちいち解かずとも,
全ての「TO NEXT」を一覧できます.
国試直前に「TO NEXT」の一覧表示だけみるのでもよいと思います.
mediLinkアプリを使えば,そのまますぐに『イヤーノート』や
『レビューブック』でポイントをチェックすることも可能です.

時間が空いた時などに,見てみてくださいね!
ちょっとしたサービスにすぎないかもしれませんが
みなさまの国試対策に,少しでもお役に立てられれば幸いです.

(編集部R.A)

LINE@はじめました!友達登録をお願いします.

友だち追加

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事