新着記事

[分析]データでみる104回国試(その1) 基本情報編

国試が終わって2日.受験生のみなさんは羽を伸ばしているでしょうか.
えっ,もう卒業旅行に飛び立った? 気が早いですねー.

でも研修が始まったら休暇もおちおち取れないので,
今のうちにエンジョイしてくださいね.

 さて5年生のみなさんは,
今年の国試がどんなだったか,気になってくると思います.
そこで少しずつ,「データでみる国試」と題して,
国試のことを紹介していきますね.今日は基礎編です.

 
画像問題が増えた!?

国試をみるといつも思うのが,「画像が多い」こと.
例年100題以上の画像問題が出ます.

 104回国試は,画像のある問題が116問
そして画像の点数は218点に上りました.
(カウントは弊社基準による)

はっきりいって,多いです…
前回までと比べて増減はどうだったのでしょうか?

グラフを見ると,問題数も少しずつ増えていますが,
画像点数が飛躍的に増加しています.
これをすべて見た受験生のみなさん,
ほんとにおつかれさまでした…(涙)

(ちなみに95~97回の全問題数は試行問題を含めて550問,
 98~100回は同じく530問だったので,
 101回でガクッと下がったように見えていますが,
 全体の問題数に差があることをご了承ください)

月並みですが,『イヤーノート・アトラス』を使って
少しでも見たことのない画像を減らしていきましょう.

それから,手技や器具の画像もよく出るので,
実習中も何気なくこなすのではなくて,
「何をしているのか」「何に使うものか」を注意して見ていきましょう.

 
◆“2
つ選べ”“3つ選べ”の数は?

選択肢の形式についてはどうでしょう?
X2タイプと呼ばれる“2つ選べ”問題は92問
全回から登場したX3タイプ“3つ選べ”問題は29問でした.

グラフで経年変化を見てみましょう.

X2,X3タイプともに,
最も多かった103回に比べると,少し減りました.
しかし合わせて100題以上がこの形式というのは,
受験生にとっては厳しいです…

(ちなみにAタイプは通常の“1つ選べ”問題,
 K2,K3タイプは,昔出ていた組合せ問題です)

とにかく“問題をこなす”だけでなく,
選択肢の“○×の理由”も確認しながら解くようにしましょう.
それだけでX2,X3対策になります.

これもまた月並みですが,
一問一答問題集の『データ・マニュアル』もX2,X3対策に適しているので,
まだ知らない方は,本屋さんで見てみてくださいね.

[関連記事]国試直前は一問一答で実力試し!
http://web-informa.com/benkyo/dm/20100115/

今日はこのへんで.続きをお楽しみに♪

(編集部 K)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー