新着記事

[発売告知]『第108回 医師国家試験問題解説』5月3日発売!!

みなさん,こんにちは.
編集部のS木です.

このたび,メディックメディアの『回数別』シリーズの最新版
『第108回 医師国家試験問題解説』が5月3日に発売されます!

このメディックメディアの『回数別』シリーズは,
毎年多くの医学生から支持されている過去問題集です.

108_医師国家試験_函_OL_0406(クリックして画像を拡大)

第108回医師国家試験を受験した受験生を対象に,
メディックメディアと国試対策予備校のメックが共同で行っている
国試後アンケート(有効回答数は受験生約2人に1人の4,398人)では,
なんと受験生の約88%がメディックメディアの『回数別』シリーズを使っていたという結果が出ています!

【Q】107回の過去問題集はどれを使いましたか?

108kokusi_02(クリックして画像を拡大)

今日のメルマガでは,『第108回 医師国家試験問題解説』(以下,『108回』)の特徴と,
メディックメディアの『回数別』シリーズがこれほど支持されている理由についてお話ししたいと思います.

● QBオンラインで解説が読めるシリアルナンバー付き!

「QBオンライン」http://qb-online.com/#/home)とはWEB上で国試の過去問が演習できるサービスで,
『クエスチョン・バンク医師国家試験問題解説』vol.1~5(以下,『QB』)に封入されている
5つのシリアルナンバーを登録することで使用が可能になります.
『回数別』シリーズでは,『108回』からシリアルナンバーが付き,
これを登録すると,『108回』の解説もQBオンラインで読むことができるようになります.

108kokusi_01(クリックして画像を拡大)

● 専門医の解説に受験生の要望をプラスした学生目線の解説!

『回数別』シリーズでは,毎年 120人以上もの各分野の専門医に解説を執筆いただいています.
先生が執筆した解説をそのまま載せるなら他の出版社でもできるわけですが,
メディックメディアでは医学生からの要望を徹底的に洗い出し,できる限り反映させています.
具体的に言うと,国試受験直後の医学生の方々に解説を読んでいただき,
「受験生が悩んだこの選択肢にも詳しい解説が欲しい」,
「この症例で考えるべき疾患の鑑別ポイントが知りたい」といった意見・要望を集めたうえで,
執筆者の先生方と原稿をブラッシュアップしています.
だから,正解選択肢以外の解説も充実し,
問題に関連した周辺知識まで踏み込んだ解説になっているんです.
専門医の知識と受験生のニーズがブレンドされた解説が
メディックメディアの『回数別』シリーズの大きな強みの一つです.

● おなじみのシンプルで読みやすい“QB形式”!

『回数別』シリーズの解説は『QB』と同じ形式で編集しています.
「基本事項」や「補足事項」など解説を細かく区切っているため,
自分に必要な解説を拾って読むことができ,テンポよく勉強することが可能です.
自分の学習状況に応じて解き進めるのに大変便利です.

● 全問題に正答率を掲載!

『103回』から全問題に掲載し,ご好評いただいている“正答率”を今年の『108回』でも掲載しています.
毎年6,000人を超える受験生の解答データを元に算出した正答率を上手に使えば,
勉強のアクセントやモチベーターとして役立てることができます.

● 『イヤーノート』,『病気がみえる』シリーズと強力対応!

『回数別』シリーズは,『イヤーノート』『病気がみえる』シリーズなど,
多くのメディックメディア書籍と連携し,それらの書籍の参照ページを付記しています.
また,表やイラストを多数転載しており,『イヤーノート』や『病みえ』に載っている表やイラストを
くり返し見ることで,自然と反復学習ができる構造になっています.
今まで『イヤーノート』や『病みえ』を使ってきた方には特にオススメです.

● 先輩受験生の生の声“voice”を収録!

例年,大変ご好評いただいている人気コンテンツ“voice”を掲載しています.
108回国試受験生である皆さんの先輩方によるアドバイスで,
問題を解くときにどんな思考経路をたどるのか,
受験した人ならではの解法のコツや考え方のポイントを伝授しました.

● 疾患格付け“メシュラン”掲載!

近年10回分の国試における疾患別の出題頻度を分析し,
の数で格付けした“メシュラン”の最新版を掲載しています.
最新の国試の傾向をつかめるのはもちろんのこと,
メリハリのついた学習を進めるのにもオススメです.

◇◆◇◆◇
人生を左右すると言っても過言でない医師国家試験.
だからこそ過去問題集は使いやすく,分かりやすいものを選びたいですよね.
『108回』はそんな受験生のニーズに応えられるよう制作しました.
ぜひ一度手にとってみてください!!

(編集部S木)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー