新着記事

国試

【免疫・アレルギー・膠原病】国試頻出度ランキング「メシュラン」最新の科目別ランキング発表!(その6)

上位4つとその下の点差が歴然.不動のTOP4なわけですが,
F章は疾患数が少ないので(『QB』のF章も薄いですし)1つ星以上を確実に抑えておくと安心です.

1位:アナフィラキシー ★★★ 68
2位:全身性エリテマトーデス(SLE)★★★ 63
3位:関節リウマチ(RA)★★★ 57
4位:多発性筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)★★★ 44
5位:アレルギー性鼻炎 ★★ 27
6位:顕微鏡的多発動脈炎(MPA)/川崎病  ★★ 24
8位:食物アレルギー〈総論〉 ★★ 22
9位:Behçet病 ★★ 19
10位:好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 ★★ 17
11位:Sjögren症候群(SS)★★ 16
12位:Stevens-Johnson症候群/抗リン脂質抗体症候群(APS) ★★ 15
14位:食物依存性運動誘発アナフィラキシー/アトピー性皮膚炎/多発血管炎性肉芽腫症(GPA) ★ 14
17位:強皮症(SSc)★ 13
18位:慢性肉芽腫症/IgG4関連疾患 ★ 10
20位:Wiskott-Aldrich症候群/若年性特発性関節炎(JIA)/混合性結合組織病(MCTD) ★ 9
23位:免疫不全症〈総論〉/成人Still病/リウマチ熱(RF)/乾癬性関節炎 ★ 8
27位:Ⅱ型アレルギー/じん麻疹/側頭動脈炎(TA)/リウマチ性多発筋痛症(PMR) ★ 6

 

(編集部A)

 

 

 

 

こちらもcheck!

第111回医師国家試験 科目・分野別 問題数