新着記事

国試

【血液・造血器疾患】国試頻出度ランキング「メシュラン」最新の科目別ランキング発表!(その7)

2つ星・3つ星を確実におさえにいってもよし,
あえて1つ星疾患のみに絞って丁寧に勉強しにいってもよし.
メシュランはいろんな使い方ができます.お役に立てれば幸いです.

 

1位:慢性骨髄性白血病(CML) ★★★ 38
2位:多発性骨髄腫(MM) ★★★ 36
3位:悪性リンパ腫〈総論〉 ★★★ 34
4位:急性リンパ性白血病(ALL)/骨髄異形成症候群(MDS) ★★★ 30
6位:溶血性貧血/血友病 ★★ 27
8位:鉄欠乏性貧血/特発性血小板減少性紫斑病(ITP)/溶血性尿毒症症候群(HUS)★★ 26
11位:IgA血管炎 ★★ 25
12位:non-Hodgkinリンパ腫(NHL)★★ 23
13位:赤血球増加症/成人T細胞白血病(ATL) ★★ 22
15位:ビタミンK欠乏症 ★★ 20
16位:再生不良性貧血/巨赤芽球性貧血/血球貪食症候群(HPS) ★★ 19
19位:二次性貧血 ★★ 18
20位:播種性血管内凝固(DIC)★★ 17
21位:発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)/自己免疫性溶血性貧血(AIHA) ★★ 16
23位:抗リン脂質抗体症候群(APS)★★ 15
24位:遺伝性球状赤血球症(HS)/原発性骨髄線維症(PMF) ★ 14
26位:無顆粒球症 ★ 12
27位:急性骨髄性白血病(AML)/血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) ★ 9
29位:赤芽球癆/Evans症候群/Kasabach-Merritt症候群 ★ 8
32位:白血病〈総論〉/急性前骨髄性白血病/本態性血小板血症/Hodgkinリンパ腫/ランゲルハンス細胞組織球症/プロテインC,S欠乏症 ★ 6

 

(編集部A)

 

 

 

 

こちらもcheck!

第111回医師国家試験 科目・分野別 問題数