新着記事

国試

【114回国試】アンケート結果でわかる合格者たちの学習傾向(3) ~QBを何周解いた?

 

編集部のKです。こんにちは。

採点サービス「講師速報」のアンケート結果、今回はQBの演習量を見てみましょう。

 

アンケートでは「QBを何周しましたか?(QBオンラインを含む)」という質問を、メジャー科・マイナー科・公衆衛生・必修でそれぞれ回答してもらいました。

 

※間違えた問題のみ2周目に演習した場合も「2周以上」に含みます

 

しっかり復習をこなせたかどうかを見る基準としては、「2周以上解いた(+3周以上解いた)」人を見ていきましょう。

マイナー科の「2周以上解いた」の割合がどうしても低くなりますが、それでも4割の人が「2周以上解いた」と答えています。

 

さて、こちらも一般臨床の上位60%群(平均点以上の合格安全圏内)と下位20%群(ボーダー付近~不合格圏内)で比較すると、次のような結果になりました。

 

 

それぞれのカテゴリで上位群・下位群に差がみられますが、特にメジャー科で「3周以上解いた」と答えた人の割合に明確な差があることが見て取れます。

 

しっかり復習をこなした「2周以上解いた(+3周以上解いた)」人を見ると、上位群・下位群の差は、

 

メジャー科:15.5 ポイント差

マイナー科:15.3 ポイント差

公衆衛生 :12.4 ポイント差

必修   :16.7 ポイント差

 

と、かなりの差がみられる結果となりました。

 

やはりどの科目も1周以上は必要で、重点科目になるほど周数を重ねることで、得点率の差が開いていくようです。

単純に回数が重要というよりは、間違えた問題の復習を繰り返すことが重要、ということが言えるのではないでしょうか。

 

次回に続きます。

 

(編集部 K)

同シリーズの書籍・関連書籍