新着記事

[新刊]『病気がみえる 腎・泌尿器』3月7日発売!(1)収録内容をご紹介!

お待たせしました!待望のシリーズ最新刊
『病気がみえる vol.8 腎・泌尿器』
3月7日(地域によって多少異なります)
にいよいよ発売です!

http://www.byomie.com/products-8.html
(上記URLで立ち読みができます.立ち読みはPCからがおすすめです.)

『病気がみえる 腎・泌尿器』は,腎疾患,泌尿器疾患だけでなく,
水・電解質,酸塩基平衡などの腎生理の分野にも力を入れ,
見た目はスリムながら充実の内容の1冊となりました.
今回は,その収録内容について紹介していきます.

■違いがわかる!腎疾患
違いがわかりづらく,何かと覚えることが多い腎疾患.
そんな腎疾患も,『病みえ』の得意とする
「比較してみせる技術」ですっきり整理します.
収録内容はこちら.
●腎疾患総論 ●糸球体疾患
●尿細管・間質性疾患 ●腎血管系の疾患
●全身性疾患に伴う腎障害 ●腎不全
比較しやすいようにデフォルメしたイラスト・アイコンで
各疾患の特徴を的確に表現していきます.
特に苦手な人が多い糸球体疾患では,
「病理写真を読み取る」ことに重点をおいた
構成です.詳しくは次回ご紹介しますが
どうぞご期待ください.
そして腎疾患の治療として重要な
●血液浄化療法 ●腎移植
では,さまざまな血液浄化療法の原理の比較や
移植による拒絶反応の種類など,
ここでも「比較」のワザが光ります.

■水・電解質,酸塩基平衡も充実の内容!
一般的な腎・泌尿器のテキストは,
水・電解質,酸塩基平衡などの腎生理について
扱いが軽いものが多いです.
しかし,『病みえ』では,
低Na血症や,アシドーシスなどの病態だけでなく,
基礎的な生理学の内容までしっかり解説しています.
収録内容は以下.
●腎臓の機能 ●体液と浸透圧
●水・Na代謝 ●K代謝
●Ca・P・Mg代謝 ●酸塩基平衡異常
●輸液
腎臓の機能では,
キャラクター化したホルモンで図解する
尿生成の過程や利尿薬の作用機序を掲載.
水・Na代謝では,
低Na血症,高Na血症,脱水,浮腫が
一目でわかるモデルを使って解説しています.
また,酸塩基平衡異常や,輸液では
『例題』を掲載し,計算問題の解説もあります.
腎生理を楽しく勉強するなら『病みえ』しかないでしょう.

■泌尿器疾患を完全網羅!
泌尿器疾患には以下のような疾患が含まれています.
●結石 ●腫瘍 ●感染症
●下部尿路機能障害 ●先天異常
●生殖器の異常 ●外傷
『病みえ』ではこれらのバラエティ豊かな泌尿器疾患を
1冊で理解できるように,各章ごとに工夫を凝らして
『みえる化』しました.
具体的には,
腫瘍,結石,外傷など
実際に画像で『みえる』疾患は画像が満載です.
下部尿路機能障害は総論では
複雑な病態や症状の関連性を『みえる化』しました.
先天異常では正常発生の過程が
発生学のテキスト並みに図解されています.
などなど.ここでは紹介しきれません.

■基礎となる解剖・症候・検査も丁寧に解説
腎・泌尿器全範囲の基礎となる
●解剖 ●症候 ●検査・処置
も自慢の内容です.
今までなかった視点でみた解剖は疾患各論に直結する内容.
クレアチニンクリアランスをはじめとした腎機能検査や
種類が多い尿路のX線検査,
染色の特徴が覚えにくい腎生検など
わからないままになりがちな各種検査も
丁寧に解説しています.

■『vol.3 糖尿病・代謝・内分泌』第3版とあわせれば
腎疾患がもっとよくわかる!

さまざまな疾患が原因となって
二次的に障害が生じることも多い腎疾患.
『vol.8 腎・泌尿器』でも
「全身性疾患に伴う腎障害」などで扱っていますが,
その原疾患を知ることで理解はより深まります.

そこでおすすめしたいのが
4年ぶりの大改訂をした
『vol.3 糖尿病・代謝・内分泌』第3版です!
http://www.byomie.com/products-3.html

『vol.8 腎・泌尿器』発売の翌日,3月8日
発売となります(地域によって多少異なります).

『vol.8 腎・泌尿器』『vol.3 糖尿病・代謝・内分泌』
腎障害をきたしやすい糖尿病、痛風をはじめ,
腎生理の分野で必須の内分泌についても
とても関連が深い2冊です.
この春の新刊2冊をあわせて使えば
疾患への理解がさらに深まることまちがいなしです.

『vol.8 腎・泌尿器』『vol.3 糖尿病・代謝・内分泌』,
ぜひ手にとって見てみてください!

次回は,実際の誌面を紹介しながら
『病気がみえるvol.8腎泌尿器』の魅力について
お話したいと思います.
お楽しみに!

(編集部 Y.K.)

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー