新着記事

国試

【112回医師国家試験】時間割から予想する各コマの出題数と内訳

 

 

 

こんにちは!
医師国試まであと3週間.

早い人には既に受験票が届いています.

 

そこで,メディックメディアでは,確定した時間割を皆さんにお知らせするとともに,

各コマの出題問題数と、その内訳(一般・臨床・長文から何問ずつ出るか)も予想してみました.

 

 

――――――↓確定している情報――――――

 

 

■第112回医師国家試験(2018年2月施行)日程と時間割

 

●1日目(2月10日(土))

A問題

09:30~12:15 (165分)
B問題 13:45~15:20 (95分)
C問題 16:10~18:30 (140分)

 

●2日目(2月11日(日))

D問題

09:30~12:15 (165分)
E問題 13:25~15:05 (100分)
F問題 15:55~18:30 (155分)

 

 

■“必修問題以外の一般問題”が100題減る

 

 

――――――↓問題数等の予想&その根拠――――――

 

 

さてここまでの情報と,111回までの時間割と1問ごとの時間配分から,
どのコマが「必修」「総論」「各論」なのか,そして,
「総論」と「各論」のどちらから何問ずつ一般問題が削られるのか,推測してみます.

 

 

■予想されるカテゴリ(必修/総論/各論)と問題数 まとめ

 

●1日目(2月10日(土))

 

時間

カテゴリ

(予想)

問題数・内訳(予想)

A問題

09:30~12:15

(165分)

各論

75問

(一般15問,臨床60問)

B問題

13:45~15:20

(95分)

必修

50問

(一般30問,臨床10問,長文〔2連問〕5セット)

C問題

16:10~18:30

(140分)

総論

75問

(一般40問,臨床20問,長文〔3連問〕5セット)

 

●2日目(2月11日(日))

 

時間

カテゴリ

(予想)

問題数・内訳(予想)

D問題

09:30~12:15

(165分)

各論

75問

(一般15問,臨床60問)

E問題

13:25~15:05

(100分)

必修

50問

(一般20問,臨床20問,長文〔2連問〕5セット)

F問題

15:55~18:30

(155分)

総論

75問

(一般30問,臨床30問,長文〔3連問〕5セット)

 

 

■予想の根拠

 

まず,B問題とE問題の合計が195分で,これは111回の必修の合計時間と一致するので,B問題とE問題が「必修」である可能性が高いといえます.

では残りの4コマのうち,どれが総論で,どれが各論か.

仮にCとFが「総論」,AとDが「各論」として,111回と112回の総論・各論の時間数を比較すると,次のようになります.

 

  111回   112回  
総論 一般120+臨床80(345分) 一般70+臨床80(295分)

111回と112回との差:50分

各論

一般80+臨床120(380分)

一般30+臨床120(330分)

111回と112回との差:50分

 

総論と各論の差:35分

総論と各論の差:35分

 

  総論と各論の和:725分 総論と各論の和:625分 111回の合計と112回の合計との差:100分

※長文は総論のコマで出題

 

このように当てはめると,総論と各論の時間差が前回とピッタリ同じになります.
これが正しいとすると,111回と112回の差は総論・各論ともに50分なので,
一般問題は総論と各論からそれぞれ50問ずつ削減される,ということになります.

 

 

■1問に使える時間

 

もう一つの根拠として,1問あたりの時間配分があります.
111回までの時間割と問題数から,1問あたりに割り振られる時間配分は,次のように推測されます.

 

●一般・臨床

  • ・一般問題:1分
  • ・臨床単問:2分30秒
  • ・臨床長文:1つの連問で10分

 

●必修

  • ・必修一般:1分
  • ・必修臨床単問:1分30秒
  • ・臨床長文:1つの連問で10分

 

この時間配分と112回の時間割とを組合せると,CとFが「総論」,AとDが「各論」以外の組合せでは,各コマの問題数と時間が合わなくなるのです.

 

そのため,「必修」「総論」「各論」はこの位置だろうと推測できます.

 

 

■各コマの問題数と内訳

 

ここからは予想というよりは,シミュレーションです.
111回までの時間割から導き出される各問題の持ち時間を元に,
112回の時間割の各コマで出題される問題数の内訳を推定してみると,表のようになります.

もちろん他の組合せの可能性もあって,
例えばA(各論)を一般10問+臨床62問,D(各論)を一般20問+臨床58問,とすることもできます.

ただ,111回までの過去問を解いた方だとわかると思いますが,
近年の国試は1つのコマに特定の形式が固まることなく,一般・臨床・長文がなるべく均等に配分されています.
そこから推測すると,上記の配分で出題される可能性はそれなりに高いと考えられます.

各コマの合計問題数を見てみると,A・C・D・Fはそれぞれ75問となり,
ここからも理にかなった配分ではないかと思われます.

 

※総論と各論の割合が,臨床も含めてガラッと変わっていると、別の可能性もあります.

※配点については下図を参照.さらに詳しく知りたい方はコチラ

 

 

 

※本記事の「問題数等の予想&その根拠」の内容については,あくまでも弊社見解であり,実際の出題数・内容とは異なる可能性がある旨をご了承下さい.