新着記事

国試

[6年生向け]公衆衛生対策の要『クエスチョン・バンク 公衆衛生』『レビューブック 公衆衛生』発行のお知らせ

こんにちは,編集Yです.
秋を通り越して急激に寒くなりましたね……↓↓

 

大学によっては卒業試験真っ最中のところもあるかもしれませんが,この時期に忘れてはならないのが,公衆衛生対策.
医師国試で最も出題割合が高い科目は,実は公衆衛生.
前回の第111回医師国家試験では,500問中,なんと62問が公衆衛生の範囲から出題されていました.

 

その公衆衛生対策に必須の問題集で,先輩の受験生の皆さんの実に9割以上*が使用していた『クエスチョン・バンク vol.6 公衆衛生』の最新版2018と,
新ガイドラインにも対応し,『クエスチョン・バンク 公衆衛生』のお供に最適の参考書『レビューブック 公衆衛生 2018』が,いよいよ10月19日に発売となります!
 
*医師国家試験採点サービス「TAKE OFF」2017 アンケートより

 

今後は数回に渡り,『クエスチョン・バンク 公衆衛生』『レビューブック 公衆衛生』のご紹介と,公衆衛生対策についてお届けしていきます.
店頭で本を見かけたら,ぜひセットで購入していただいて,今後の公衆衛生対策を一緒に進めていきましょう.

 

さっそく本日は,『クエスチョン・バンク 公衆衛生』のご紹介です.

 

冒頭で触れた所持率を見てもわかるように,国試に一番出る科目・公衆衛生(毎年約60問!)の対策には,『クエスチョン・バンク 公衆衛生』が欠かせません.
今年も最新国試・第111回の公衆衛生範囲の問題・解説を掲載し,短期間で効率よく対策ができるように類似した過去問を整理,重要な問題を厳選.
“1冊で・短期で”仕上げられるよう編集しています.
また例年通り,『国民衛生の動向』などをもとに,最新の統計・法律・制度にアップデートしています.

 

なおかつ次の第112回国試は,「平成30年版医師国家試験出題基準」(新ガイドライン)に沿って出題されます.
初めて出題基準に収録された「地域医療構想」「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」などなど,当然のことながら過去問にない設問も,「予想問題」として新規作成し,40問を掲載!
新ガイドライン掲載の内容も,実践的に演習・勉強することが可能です.

 

メディックメディアの公衆衛生シリーズは,
クエスチョン・バンク 公衆衛生』『レビューブック 公衆衛生』,それから人気のみえるシリーズ『公衆衛生がみえる』の3本柱です.
この3冊を活用した公衆衛生対策法を,順次お伝えしていきます!

 

(編集部Y)