新着記事

国試

第112回 医師国家試験【体験記】国試直前は『回数別』を効率よく使おう

あけましておめでとうございます,編集部のY.Tです.
旧年中は弊社書籍やサービスをご愛顧いただき,誠にありがとうございました.
本年もよりよいコンテンツやサービスをご提供できるよう一同努めてまいりますので,
どうぞよろしくお願い申し上げます.

 

さて,まだまだ世間はお正月モードですが,
国試受験生の皆さんは約1ヵ月後に迫った国試本番に向けて
ラストスパートに入っていることと思います.
今回は『医師国家試験問題解説(以下,回数別)』の使い方を紹介させていただきます.
「『回数別』の使い方なんて…問題を解くだけでしょ?」と思っている方,
もったいない使い方をしているかもしれませんよ…?
ぜひ,お読みください!

 

◆◆◆

第112回 医師国家試験【体験記】国試直前は『回数別』を効率よく使おう

(J大学 M.Dさん)
◆◆◆

 

□■『回数別』は問題を解くだけじゃダメ!解説も活用しよう■□

 

私は6年生の5月に,『回数別』を使って直近3年分の必修問題を3周解きました.
これは”国試における必修問題が特殊で,どんなに優秀な人でもつまずいてしまう”
という話を学校の先生や先輩から聞いたことがあり,
「大学の卒業試験が終わってから必修対策を始めるのでは遅いのではないか」
と考えたからです.

『回数別』を解いていると,
必修問題には医学知識だけを問うようなシンプルな問題ばかりではなく,
臨床現場で扱われる医療器具の知識や診察の仕方など,
机上の勉学だけではカバーできない範囲が多く含まれていることに気づきました

 

そこで私は,『回数別』の解説にある器具の写真やまとめの表をコピーして貼り付けた,
独自のノートを作りました.

 

そして模試や卒業試験で勉強した範囲が出てきたとき,
そのノートに自分で決めたマークを地道に書き込んでいきました.

(編集注:『クエスチョン・バンク vol.7 必修問題』には,
器具の写真を約180点掲載した「医療機器セレクション」
巻頭付録としてついてくるのでこちらもオススメです!)

 

 

□■1月から本格的に国試対策開始…!■□

 

卒業試験が終わった後,本格的に国家試験の対策を始めました.
本番を意識して『回数別』をやり込むようにしたのは1月からです.

 

毎週1年分を本番と同じ時間をかけて解きました.
そして解説の中で少しでも分からないものがあれば,
『回数別』の解説に載っているまとめやイラストをコピーしてノートに加えました.

 

過去問3年分は本当に重要で,
ほぼその内容が本番の試験にでるといっても過言ではないくらいです.
作成したノートを本番2週間前から丸暗記できてしまうほど読み倒したことが
合格の秘訣(ひけつ)だったと思います.

 

『回数別』は非常に丁寧に作られているので,
間違った選択肢の解説も読み込むべきだと思います.
このときに大切なのは
作者がなぜこれを選択肢に盛り込んだのか,
自分は間違っている理由が分かった上で誤答を除外することができたのか,
など考えながら集中して解説を読むことです.

 

 

□■回数別で効率よく&本番の練習をしながら勉強しよう■□

 

また,『回数別』には最新のトピックスについての記載があるので
自分で調べる手間も省け,効率よく勉強することができます.

 

(編集注:時事,臨床的な話題を掲載した[TOPICS]や,
今後の国試で狙われうる内容をまとめた[TO NEXT]などを掲載しています.

(QBオンラインにログインしている場合,コチラから閲覧できます))

 ↑TONEXTのサンプル.クリックで画像を拡大

 

さらに,『回数別』は問題のレイアウトが本番とほぼ同じで,
マークシートの解答用紙も添付されているため,
『回数別』を使って演習をこなすことによって本番で無駄な緊張をせず集中できました.

 

 

□■おわりに■□

 

今になって自分の国試対策を振り返ってみても
もっと時間をかけて3年分の過去問を解いても良かったのではないか,と後悔しています.
受験生の皆さんが本番に向けた演習用に活用するのはもちろん,
来年受験する現5年生には早い時期から『回数別』を熟読していただきたいと思います.

 

◆◆◆

 

いかがでしたか?
『回数別』の特長をうまく生かした体験談だったと思います.
M.Dさんのように解説の内容を自分のノートにまとめておくと,
本番直前に見直せますし,自分の勉強量に対する自信にも繋がりますね.

編集部一同,皆さんの国試合格を心より願っています!
M.Dさん,貴重な体験記をありがとうございました!

 

(編集部 Y.T)