定番記事

国試

アルバイト随時募集中!

 

●ざっくり言うと…

 

・メディックメディアではアルバイトを随時募集中

・卒業生のレギュラー,準レギュラーはすべての弊社電子コンテンツを

 利用可能

・勤務時間を自分の都合に合わせて調整できる

 


 

メディックメディアでバイトをしよう!

 

メディックメディアには,毎日10〜30名の医学生がアルバイトに来てくれています.

メディックメディアの魅力はなんといっても仕事がそのまま自分の勉強につながるってこと

だから,「医学の勉強が好き!楽しい!」って感じてくれる前向きな学生さんがきてくれることが多いです.本づくりに関わってみたい方,ぜひご応募下さい!

 

 

こんな方,募集中!

 

●現役学生の方

●国試受験直後の方

●卒業生(国試浪人の方)国試合格後,研修を延期する方

●研修終了後,医師にならない方 出産や子育てで一定期間休職する方

●イラスト,図案化が得意な方

 

※東京都港区青山のオフィス(最寄り駅:外苑前or表参道)に通勤可能な方のみの募集です.

※浪人・国試合格後で地方在住の方の場合,「病気がみえるスタッフ」のご応募であれば,住宅補助を受けられることがあります.

※定員に限りがあり,締め切らせていただく場合がございます.

 

 

時給

3年生・・・・・・・・・・・1,300円

4年生・・・・・・・・・・・1,400円

5年生・・・・・・・・・・・1,500円

6年生(国試前)・・・・・・1,600円

卒業生(Aコース)・・・・・1,600円(国試対策書籍)

卒業生(Bコース)・・・・・2,000円(病気がみえる等)

国試合格以上・・・・・・・2,500〜4,000円

 

 

連絡先

TEL:03-3746-0282

e-mail:job@medicmedia.com

HP:https://www.medicmedia.com/arbeit/

 

 

(1)現役生のアルバイト

 

☆主な作業内容
●『イヤーノート』『QB』『QB-CBT』などの校正,監修ドクターへ送る改訂案作成など

●『病気がみえる』などの図案検討.(4)参照.

 

☆勤務形態
●登録制:貴方がバイトにこれそうなときで,かつ小社からお願いしたい仕事があった場合に仕事が発生します.

●仕事がある場合は自分のスケジュールに合わせて勤務を調節可能です.

 

※おおよそ18:00までに出社可能であれば登録可能です.

 

※このため,臨床実習や学内試験で,週ごとに予定が変わる医学生でもやりやすいアルバイトです.

 

※ただし,編集部はそのときお願いしたい仕事にあった人材(例:循環器が得意,イラストが得意,英語が得意)に優先的にお呼びするため,全員をご希望通りお呼びできない場合がございます.

 

 

 

(2)国試受験直後のアルバイト

 

☆主な作業内容
●専門医による最新国試の解答や解説原稿のチェック,質問状作成
●国試後の一番充実したアタマで,メディックメディア書籍の改善案検討

●国試勉強体験記の執筆

 

☆勤務日数・時間
自分のスケジュールにあわせて設定可能

例)卒業旅行までの1週間と帰国後の3日間,11:00~18:00

 

☆適性

●国試対策をがんばった

●勉強が得意,調べものが得意

●または『病気がみえる』のような図案を考えて描くのが得意

 

 

(3)卒業生のアルバイト

 

不覚にも国試不合格....

そんなときどうしますか?

 

予備校にいくのも一つの手ですが授業料がとても高いですし,そこまでしなくても...と考える人も多いのでは.

 

そんなアナタにオススメのアルバイトが小社の「卒業生アルバイト」.

 

簡単にいえば,専門医が執筆・監修した原稿をチェックして,「より分かりやすくするためにこうしたら...」というような提案を行ったり,調べものをしたりするという仕事です.

原稿制作過程にこういう「読者視点」をいれているからメディックメディアの本は「使いやすい」って言われるんですね.

 

なんといっても,仕事をしながら医師国試の知識が吸収できるということで,けっこう人気.

毎年10名以上の学生さんがバイトに来てくれて,仲間を作って,巣立っていくんですよ.

さらに卒業生のレギュラー,準レギュラーさんの方は『イヤーノート』,『クエスチョンバンク』『病気がみえる』『Q-Assist』などの弊社電子コンテンツをすべて利用できるという特典付き.

 

☆応募資格

医師国試浪人(2浪まで),合格者も可

 

☆勤務先

●東京都港区南青山

 

☆主な作業内容

●専門医の執筆した『クエスチョン・バンク』などの解説チェック 『イヤーノート』などへの最新国試情報などの反映検討 専門医による『イヤーノート』などへの赤字修正指示の確認・校正

 

☆勤務時間
●レギュラー:週4~5日10:00~18:00まで出勤

※11~12月以降は出勤しないor週1~2日程度の出勤でOK

※病院見学,マッチング試験などの欠勤に理解がある環境です.

●準レギュラー:都合がいいとき(ただし小社で仕事があったときのみ)

※予備校生でもご登録できます.

 

☆時給
●1,600円(Aコース)

※Bコース(病気がみえるスタッフ)は次の記事を参照.

 

 

 

(4)病気がみえるスタッフ

 

『病気がみえる』はポイントをついたイラスト・図表で構成された新感覚のテキストです.

でも“ひと目”でポイントがつかめるような図案を考え続けるのはとてもタイヘン....

監修の先生方は臨床・研究・教育で日々超多忙ですので,とても全ての図版を考えきれません.

そこで,『病気がみえる』編集部では,編集者・医学生・若手医師らがチームを作って図案のサンプルを作り,監修の専門医と打合せをしながらそのサンプルを完成作品に仕上げていくというスタイルをとっています.

一緒に“いちばんわかりやすい”医学書をつくるために,がんばってみませんか?

 

☆応募資格
●現役:医学部3年生以上

●卒業:医師国試浪人,国試合格後研修延期された方産休・育休で休職された先生など大切なのはイラストの上手さではなくアイディアです.

 

☆適性
●イラスト・図案を描くことが好きな方,得意な方
●勉強した内容を順序だてて説明することが得意な方

 

☆勤務時間
●現役:(1)参照
●卒業:日数・勤務時間帯はご相談に応じます.
※浪人の場合,11~12月以降の出勤はご希望される範囲の日数で構いません.

 

☆時給

現役:『時給』の項参照

●卒業生(Bコース):2,000円(適性・経験・実績により昇給)

●国試合格以上:2,500~4,000円(適性・経験・実績により昇給)

※卒業生(Bコース),国試合格以上ともに実績・貢献度等により賞与を支給する場合があります.

 

 

 

アルバイトOB・OGの声

 

アルバイトOB K.Nさん(卒業生アルバイト)

 

僕は,地方国立出身で実家も東京ではなかったのですが,東京で弟が働いていたので,弟と同居してメディックでバイトをしました.

基本的に国試勉強もしながら,週5日通いました.

 

『クエスチョン・バンク必修問題』シリーズや,公衆衛生関連,回数別の『回医師国家試験問題解説』なんかのお手伝いをしていました.

 

バイトをやって一番よかったのは,やっぱり合格したことですかね.

メディックでバイトしてなかったら今の自分はなかった.

予備校行った友達もいましたけど,予備校は高い授業料を取られる.

メディックは,予備校のように勉強できるわけではないですが,仕事が医学に関係するので,なんだかんだいって,学べることが多いし,給料が出るので足りなかった教科書も補充できました.

生活のリズムが出来ますし,連動するように勉強の習慣も自然と出来ていました.自分には向いていたと思います.

 

国試情報が手に入るのもよかった.

例えば,ガイドラインで追加された内容がすぐ分かった.

こういう情報や知識は国試本番でけっこう僕を助けてくれました.

 

あとは「出会い」ですかね.

周りのバイトと友人になれ,彼らのモチベーションも高かったので,励みになった.もちろん編集の方などもそうです.

 

医学部ってすごく閉鎖的な社会だと思うんですよ.

私たちは医師です.いろんな人を診る仕事です.

だからいろんな経験が,必ず自分の為になると思う.出版社での仕事は,すごく有意義な経験でした.

 

 

アルバイトOB K.Aさん(卒業生アルバイト)

 

僕は,必修が1点足りず,まさかの不合格だったんです.

予備校に行くつもりはなかったので,メディックメディアでバイトすることにしました.

地方国立で実家も首都圏ではなかったのですが,安い下宿を見つけて通いました.

 

担当は,当時制作を開始していた『診察と手技がみえる』の立ち上げ.

僕は,「国試対策は家でできる.バイトでは国試対策系の書籍よりもっと深い経験になるような本に関わってみたい」と思っていたので良かったです.

編集者と図案を考えて描いたり,様々な大学に出向いて先生とディスカッションしたり,手技を教えてもらったり,撮影現場に立ち会ったり....

 

とてもいろいろな経験ができ,自分でも満足感のある仕事が出来ました.

メディックでの1年は良い思い出です.

 

 

アルバイトOG M.Yさん(病みえスタッフ)

 

私は医師免許を取った後,医学書出版の仕事に興味を持ち,研修医になる前に一回やってみようと「病みえ」スタッフの仕事を始めました.

 

最初はつい医学用語を並べただけの原稿をつくってしまい...

自分で読み返してもよく分からなかった(苦笑).

 

そこで取り出したのが学生時代に作った秘蔵ノート!

わかりにくいと感じたポイントを自分でイラストにしていたのですが,それが役に立ちました.

編集さんとアイディアのキャッチボールをすることで,ビジュアル化のコツも少しずつ身についてきましたね.

 

苦労の末に生み出した作品が本として書店に並んでいるのをみるとやはり感激デス!

 

<<メディックメディア 医師・医学生アルバイト 登録フォーム>>

 

カテゴリー