Post-CC OSCEって何? その対策法は?

●ざっくり言うと……

・Post-CC OSCEとは,6年生のときに受験する医療面接や身体診察,臨床推論,症例提示などの基本的臨床能力を評価する実技試験です.

・4年時のPre-CC OSCEと異なり,臨床推論が含まれ,臨床実習を通じて学んだ診察や診断,発表能力が総合的に評価されます.

・共用試験実施機構の公式資料や,メディックメディアの『鑑別!1st impression』『診察と手技がみえる』などを用いて対策しよう!


Post-CC OSCEとは?

Post-CC OSCEは,臨床実習後の6年生が受験する実技試験で,初期研修開始前の臨床能力担保を目的としています.

2020年度から「共用試験」として正式実施されており,この試験に合格しないと卒業できません.

実施時期は大学によって異なりますが,おおむね6年生の7月~11月にかけて行われます.

試験の概要は?

Post-CC OSCEの試験会場には,4年時のOSCEと同様,ステーションと呼ばれる部屋が複数用意されており,各部屋を巡回しながら実技試験を受けます.

ステーションごとに問題が決まっており,原則として共用試験実施機構(CATO)による共通問題が3問,各大学の独自問題が3問の計6問となっています.

※2020年度,2021年度は新型コロナウイルスの影響で,問題数を縮小して実施する学校や,試験自体を中止にした学校もありました.

Pcc-OSCE 出題内訳

共通問題の内容は?

共通問題は,大きく分けて医療面接・身体診察・上級医への報告からなり,試験時間の目安は以下の通りです.

・自己紹介

・医療面接(7〜8分)+身体診察(4〜5分)→ 12分以内 

・上級医への報告 → 4分以内  

▼共通問題の流れ

Pcc-OSCE 共通問題のフロー

4年時のPre-CC OSCEのときは,問診も身体診察も型通りに実施できさえすれば合格できますが,Post-CC OSCEではそうはいきません.

問診と身体診察あわせて12分しかないため,質問と診察項目を取捨選択しなければなりませんし,なにより臨床推論を行い,鑑別を挙げなければなりません

また,上級医(評価者)への報告も4年時にはない要素です.

このように,初期研修を強く意識した実践的な試験になっているのが特徴です.

共通問題で出題される症候は,公式資料(臨床研修開始時に必要とされる技能と態度に関する学修・評価項目)のうち,ショックと心停止を除いた35症候です.

つまり,Post-CC OSCE では35症候分の問診・身体診察のインプットが必要となります.また,臨床推論が求められるため,論理的な報告の練習が必須となります.

各大学の独自問題の内容は?

独自問題の内容は学校によって異なりますが,共通問題と似たフォーマットの問題だけでなく,採血や縫合など手技に関する問題が出題されることもあるようです.

詳細についてはそれぞれの大学の説明を待ちましょう.

不合格になったら…?

2020年度,2021年度は新型コロナウイルスの影響もあり,再試験となることはあるものの,

卒業できない事態に陥ることはあまりなかったようです.

しかし,新型コロナウイルスの影響がなくなったあとについては不明な点も多く,高い意識をもってしっかりと対策し,試験に臨みましょう.一部の病院ではマッチングの試験としてPost-CC OSCEのような試験を求められることもあるため,自分が興味のある病院ではどうかを調べておくとよいでしょう.

対策方法は?

知識面での対策と,実践での対策を意識しましょう.

知識面での対策として,そもそも症候から鑑別疾患を挙げられるように勉強しておく必要があります.

公式資料(臨床研修開始時に必要とされる技能と態度に関する学修・評価項目)に目を通し,症候ごとに掲載の疾患を把握しておくとよいでしょう.

また,mediLinkコンテンツ『鑑別!1st impression』は,症候ごとに鑑別疾患がまとまっており,1問1答形式で問題演習もできるので,Post-CC OSCE対策に最適です.

▼鑑別!1st impression

鑑別!1st impression ページイメージ

実践面の対策は,何より大学の友達とのロールプレイを繰り返すことが重要です.ロールプレイで使う症例は,QBに載っている臨床問題や,『鑑別!1st impression』を参考に作成するのがおすすめです.

ロールプレイをしていて,手技があやふやになっている部分は『診察と手技がみえる』で復習しましょう.


いかがでしたか?

臨床実習終了後は卒業試験対策で忙しくなるかと思いますが,

Post-CC OSCE対策もしっかりと進めていきましょう.

実際に受験した先輩の体験記も公開していますので,是非チェックしてくださいね.

まずはこれ!カテゴリー