学習まずはこれ!

国試

【mediLink動画】Q-Assist とは?

昨年大好評だった「Q-Assist prime 先行利用プラン」が本年も発売決定!CBTに向けて映像授業をどうしようか考えている方や、余裕を持って国試対策を進めたい方など、医学生の皆様必見です!!

先行利用プランとは、2023年3月末までQ-Assistシリーズの全てを視聴することができる「Q-Assist prime 2022」のライセンスを2021年12月から先行して購入できるプランです。価格は2022年春に発売の初年度プランと変わらないため、同じ価格で+120日もQ-Assistを視聴することができるキャンペーンとなっています。

2021年9月現在、prime会員様は全国に14,000人以上となりました。医学部82大学4年生の利用者は4,700人を超え、今や2人に1人が視聴している映像授業です。この機会にぜひ「Q-Assist」をご検討ください。

【Q-Assist prime 2022からの値上げにつきまして】

2021〜2022年にかけて、5つの講座が新しく「Q-Assist prime」に追加されました。これにより、2022年度の初年度プラン(先行利用プラン)から価格が変更となります。なお、継続プランの価格に変更はございません。

◆2021年度に追加された講座◆
・Dr.盛永の公衆衛生(¥7,700)
・必修ガイドライン講座(¥5,500)
◆2022年度より追加される講座◆
・113〜115回までの各回数別講座(計¥19,600)
初年度プラン:¥30,800→¥39,600
継続プラン :¥13,200から変更なし

学内試験・CBT・実習・マッチング試験・卒試そして医師国家試験まですべての学習の土台となる「Q-Assist」。Q-Assistの知識をベースとして国試対策に特化した最後の総仕上げをカバーする「国試攻略コース」。mediLinkの動画講座は低学年から国試合格までずっと「Assist」しつづけます。

【Q-Assistとは】

講師が「わからなかった」ときの気持ちを忘れずに、解剖生理・病態生理から丁寧に解説。 だから学ぶのが楽しくなり、完成したテキストが最後まで自分を支えてくれます。

●1 動画は10 分前後、1 疾患 1 タイトルで構成されているので、見たい講義をピンポイ ントで選べます。スマートフォンやタブレット 端末に最適化することで見やすい講義となっています。

●医学生の8〜9割が利用している「QB オンライン」とmediLinkを通して連携しているため、講義に対応する問題をすぐに演習できます。 Q-Assist は『QB』の約 7 割の問題を収録していますが、動画内で周辺知識の解説をしているため、実際は『QB』の約 9 割を解答する力がつきます。ユーザーが効率よく勉強できるようにエッセンスを詰め込んだ講義とテキストになっているのです。

【国試攻略コースとは】

6 年生のための国試対策締めくくりコースで、「冬期講習」「必修予想・禁忌」「直前Assist」の3講座があります。

●「冬期講習 内科」では臨床重視の傾向を意識しながら、現役臨床医であるDr.盛永が重要なポイントをピックアップしていきます。

●「冬期講習 小児・産婦・マイナー」では、Dr.清澤が重要疾患を総整理。これまで予備校の総まとめ講座では小児・産婦・マイナーにいい講座がないと言われてきましたが、ついに定番となる講座が登場しました。

●「必修予想・禁忌」では、Dr.盛永中心に、臨床目線で必修に出そうなテーマをピックアップ。

●「直前Assist」では、短時間で最後に抑えておきたいポイントを予想も加えてDr.盛永、Dr.清澤が解説します。

mediLinkアプリを使うことで、講義をダウンロードしてオフライン下でも講義を視聴することができます。予め講義を一通りダウンロードしておくことで、外出先でのインターネット環境を気にする必要はありません。

そして、インプットの「Q-Assist」、アウトプットの「QBオンライン」、参考書(電子書籍)の「病気がみえる」や「イヤーノート」のすべてがmediLinkひとつに集約されています。それぞれのコンテンツをリンクさせることで、効率の良い学習環境を提供しています。
※QBオンラインのダウンロード対応は開発中です。

「病気がみえる」などでお馴染みのメディックメディアならではの、イラストが豊富で完成度の高い講義テキストを提供しています。講義テキストはPDFをダウンロードしてそのまま使うことはもちろん、印刷して使うこともできます。

講義の復習も徹底的にサポート。サブプリントには各講座の内容をメインテキストの形式とは別の角度でまとめてあります。講義で扱った内容を自分が本当に理解できているか確認することで,効率的に記憶を定着させることができます。「実習中の口頭試問に役立った」「サブプリントを使って勉強会の問題を出し合った」など、様々な用途でご利用いただいています。

サブプリントは穴埋め形式なのでiPadを使えば赤シートのようにキーワードを隠すことも可能。

■解剖生理からわかりやすく解説
基礎から丁寧に解説し、わかりやすいだけでなく試験にでる重要ポイントをしっかりおさえます。テンポの良い講義は低学年から6 年生まで幅広い学年に大人気です。暗記ではなく理解できる楽しさをぜひ皆さんも体験してみてください!

■完成度の高いテキストと電子黒板をフル活用した講義
医師として働くだけでなく『QBシリーズ』などメディックメディアでの編集経験もあり、テキストの完成度は業界随一。電子黒板やタブレットを使いこなす講義は必見です!

■国試対策のプロ
10 年以上国試対策指導に従事。国試の解答速報サービスでは毎年のように全問正解を叩き出しています。

■主な担当講座
「Q-Assist 内科・外科 」「 Q-Assist 小児・産婦・乳腺」
「Q-Assist CBT 基礎医学」「冬期講習」「直前Assist」など

■現役臨床医だからこその臨床視点
ふだんは総合内科医として活躍。臨床医の目線で国試対策を行います。現在の国試は研修医に必要な知識や思考を重視するため、Dr. 盛永の解説が今の傾向にベストマッチ。

■臨床経験からエピソードが記憶に残る
講義は内科から公衆衛生まで幅広く担当。どの分野でも臨床経験をまじえた解説を織り込んで解説してくれるため記憶に残ります。

■ポイントがつかめる! 得点力が上がる講義スタイル
テンポよく重要箇所をしっかり強調するスタイルは講義が頭に残りやすいと、多くの学生から支持されています。メイン講師を務める「冬期講習」では、現役臨床医ならではの視点で数々の出題予想を的中させました。

■主な担当講座
「Q-Assist公衆衛生」「 Q-Assist マイナー」
「 Q-Assist 救急・中毒」「Q-Assist 輸液」
「Q-Assist CBT 臨床医学」「冬期講習」「 直前 Assist」など

最新情報はコチラ

https://twitter.com/medilink_QA/status/1409728246627799042

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事

カテゴリー