新着記事

国試

[新刊]本日発売!『イヤーノート2021』今年の改訂ポイントは?

編集A.Kです.
おまたせいたしました,毎年改訂の『イヤーノート』,
今季の最新版である『イヤーノート2021』が本日3/6に発売となりました.

全国書店にて,ぜひお手にとってご覧になってください!

 

さて前回は,国試対策におけるイヤーノートの基本的な特徴をご紹介しました.
今日は,今年改訂したポイントの詳細をご紹介いたします.
購入や買い替えをご検討されている方の参考になれば幸いです.

 

改訂ポイント一覧

【1】113回までの医師国家試験出題情報を反映
【2】NEW最新国試出題箇所に「青下線」を追加
【3】新しい疾患ガイドライン,治療薬などの最新医学情報を反映
【4】今年も多くの章で,部分的に大改訂を実施
【5】最新の内科系専門医試験の出題情報を反映
【6】NEW「外科専門医予備試験」対策として「外マーク」を記載

 

【1】113回までの医師国家試験出題情報を反映!

113回(2019年2月実施)までの医師国試の出題内容を網羅しています.

国試情報が徹底して反映されているのは,
数ある参考書・教科書の中でも「イヤーノート」だけと言えます.
毎年の国試の徹底分析・反映と,
教育・臨床現場の先生方のバックアップによる周辺情報の毎年改訂こそが,
『「イヤーノート」は国試でできている』と言われる理由です.

 

 

 

【2】NEW最新国試出題箇所に「青下線」を追加!

最新版『イヤーノート2021』は,過去に国試で問われた問題のうち,2017~2019年実施(111~113回)国試にて問われたものに「青下線」を追加しました.

近年の出題傾向をひとめで抑えることができるようになっています.

 

 

【3】新しい疾患ガイドライン,治療薬などの最新医学情報を反映!

毎年改訂を行っているイヤーノートの重要な改訂ポイントです.
各疾患について,各学会から発行されている最新の疾患ガイドライン診断基準,
治療薬の情報を反映
しています.

 

【4】今年も多くの章で,部分的に大改訂を実施!

上記の最新情報の反映とは別に,
毎年,記載内容を根本から大幅に見直す作業を行っています.

例えば…

C章:循環器では,

「血圧異常」の約10ページを全面刷新いたしました.

『高血圧治療ガイドライン2019』が5年ぶりに発表され,降圧目標が引き下げられることとなったこと,重要ポイントを整理できるようになっています.

 

H章:感染症では,

・「HIV感染症 治療の手引き 第22版」を参考に,受験生の苦手なHIV薬の使い方(組み合わせ)が整理しやすくなるよう,掲載表を刷新しております.

 

I章:呼吸器では,

薬物治療の変動が目まぐるしい「肺腫瘍」の項目に関して,治療薬を中心に内容をより詳しく充実させました.

 

 

その他の各章における主な変更点は,ここに書くと長くなるので,
こちら★からご確認ください.

 

 

【5】最新の内科系専門医試験の出題情報を反映!

「イヤーノート」では,国試だけでなく,
日本内科学会が実施している「認定内科医資格認定試験」および「総合内科専門医資格認定試験」
の出題情報についても,毎年情報収集し,反映を行っています.
今年も,最新(2019年度実施)の認定内科医資格認定試験・総合内科専門医資格認定試験で
出題されたとされる内容「内19」マークを追加しました.

 

この「内」マーク,医学生にはあまり関係ない…と思われるかもしれませんが,
実は,内科系専門医試験で出題された情報が,数年後に国試に降りてくる,
と言われることがあります.
イヤーノートでも,現在は黒字(=国試未出題)の部分に「内」マークが入っていることも多いですが,
この部分が数年後に青字(=国試出題)に転じることがあります.
本文中に登場する「内」マークを学生のうちから意識しておくと,国試はもちろん,
国試より難しいことが聞かれうる卒業試験で,役立つかもしれません!

 

 

【6NEW「外科専門医予備試験」対策として「外マーク」を記載!

新しく,外科専門医予備試験の出題内容をもとに「外」マークを追加しました.

先生方の試験対策はもちろん,外科医志望の学生さんは「外」マーク部分を重点的に学習されると役立つこと間違いなし!です.

 

改訂ポイントのまとめはイヤーノート公式HPでも紹介していますので,
必要なときにいつでもチェックしてください!

 

(編集部A.K)