新着記事

国試

[新刊]『第112回 医師国家試験問題解説』本日発売!

みなさん,こんにちは.編集部のK.Aです.

メディックメディアの『回数別』シリーズの最新版

『第112回 医師国家試験問題解説』(以下,『112回』)が

本日,2018年4月27日に発売となります!

本書の特徴については,先日コチラの記事でもご紹介しました.

このメディックメディアの『112回』は,

次のような方には特にオススメの過去問題集です.

①“QBオンライン”を利用している方

②とにかく“他の受験生と同じ勉強”がしたい方

③本番を意識して国試対策をしたい方

④禁忌が怖くなった…という方

⑤『クエスチョン・バンク』,『イヤーノート』や『病気がみえる』を使っている方

⑥学内試験対策に国試の過去問演習が必要な方

 

今回は,その理由をお話ししていきたいと思います.

 

①“QBオンライン”を利用している方

WEB上で国試の過去問が演習できるサービス「QBオンライン」で

今回発売の『112回』に付いているシリアルナンバーを追加登録すると,

『112回』の解説もQBオンラインで読むことができるようになります.

すでにQBオンラインを活用している方には非常に嬉しい情報ではないでしょうか.

※112回の問題公開は5/16を予定しております.

 

②とにかく“他の受験生と同じ勉強”がしたい方

医師国試は合格率が約90%,10人中9人が合格する試験です.

この試験では「みんなが解けない問題を正解する能力」よりも,

「みんなが解ける問題を確実に正解する能力」が求められます.

だからこそ“他の受験生と同じ勉強”をすることが最も重要です.

本書は受験生の約90%が選んだ『回数別』シリーズなので,安心して使っていただくことができます.

※第112回医師国試受験生3000人以上が回答したアンケート結果より

 

本番を意識して国試対策をしたい方

オンライン演習の長所もありますが,1回分の国試を,できるだけ本番に近い形式で解いておきたい…!という方は多いハズ.

本書には,国試本番と同じ構成の「問題」「画像集」「マークシート」が入っているので,

本番さながらの演習をすることが可能です.

時間を計って演習し,その後繰り返し「解説書」を読み込んでいくのがおすすめです.

 

④禁忌がコワくなった…という方

112回では,禁忌肢を踏んだ人の数が多く(約半数…!),

「禁忌落ち」も,もはや都市伝説ではなくなったと,大きな話題となりました.(詳細はコチラ

先輩などから,112回国試の話を聞いて怖くなった受験生の方も多いのではないでしょうか.

『112回』では,実際に禁忌として採点されたことが濃厚な選択肢にはもちろんのこと,

それ以外でも禁忌となりうる選択肢には『Don’t』マークがついているので,

正解選択肢だけではなく,禁忌肢にも着目して演習することが可能です.

 

⑤『クエスチョン・バンク』,『イヤーノート』や『病気がみえる』を使っている方

本書はおなじみの『QB』と同じ編集方針で制作しています.

「基本事項」や「補足事項」というように解説を細かく区切った“QB形式”だから,国試対策に『QB』を使っている方には使いやすいことでしょう.

また,『イヤーノート』や『病気がみえる』シリーズから表やイラストを多数転載したり,参照頁をつけています.

これまでこれらの書籍に載っているイラストに目を通しながら勉強してきた方は,本書で同じイラストを見ることで,自然と反復学習することができます.

 

⑥学内試験対策に国試の過去問演習が必要な方

大学によっては学内の進級試験や卒業試験などに

国試の過去問を活用している先輩もいるようです.

特に,先生が試験内容と国試から出題すると明言している科目では,『QB』や『回数別』による演習が効果的です.

また,前回の記事でお伝えしたようにメディックメディアの『回数別』は

1問の解説だけで正解以外の選択肢の内容や,
『イヤーノート』,『病気がみえる』から転載した表・イラストによる周辺知識の整理まで可能です.

学内試験対策にもぜひ活用してみてください.

 

◇◆◇◆◇

その他にも,8,000人以上の受験生の解答データを元に算出した“正答率”や,

先輩たちの受験テクニックを伝授した“VOICE”を掲載しています.

上記にあてはまる人もそうでない人も,ぜひぜひ手にとってみてくださいね!

(編集部K.A)