新着記事

CBT

CBT体験記★「イヤーノートアプリ」で画像や単語の検索時間を大幅短縮!!(T大学 Sさん)【バックナンバー】

こんにちは,編集Aです.
多くの大学で,CBT対策真っ只中,もしくはこれから開始するという方が多いかと思います.
今日は,5年前とやや古い記事ではありますが,
イヤーノートアプリをCBT対策に使ったという体験談を5年ぶりに再送します.
CBTの勉強法をお探しの方,参考にしてみてください.

 

なお,この記事を配信した2014年当時は,まだイヤーノートしかmediLinkアプリにありませんでしたが,
今ではレビューブックシリーズや,病気がみえるシリーズも,mediLink内にそろいました.
以下の記事を,レビューブックアプリや病気がみえるアプリに置き換えて読んでいただいてもよいかと思います.

 

「イヤーノートアプリ」で
画像や単語の検索時間を
大幅短縮!!
(T大学 O.Sさん)

 

私がメディックメディアの「イヤーノートアプリ」を利用し始めたきっかけは,
友人がCBTの勉強に『イヤーノートATLAS』(編集注:『イヤーノート』の付録)
使っているのを見かけたことでした.

 

その頃はCBT対策として
『クエスチョン・バンクCBT』(編集注:以下『QBCBT』.現在は「QBオンラインCBT版」として発売中)を中心に使っていたのですが,
過去問で出てくる疾患や所見の名称がわからないことが多く,
その単語一つ一つについて,出てくるたびに成書やインターネットを使って調べていました.
しかし期待する説明や写真が見つからないこともあり,
時間を無駄にしているという焦りを感じることがしばしばありました.

 

そこで,『イヤーノート』を購入してみることにしました.
『イヤーノート』といえば国家試験,というイメージがありますが,
付録の『イヤーノートATLAS』には,重要かつ典型的な所見が掲載されていて,
CBTレベルでも重要なものが載っています
それまでインターネットでやみくもに検索していた時間を
大幅に短縮することができました.

 

さらに幸運なことに,私が『イヤーノート』を購入しようと思った時期は
メディックメディアの「イヤーノートアプリ」が発売されたタイミングでした.
小型のタブレットにダウンロードすれば
白衣に入れて臨床実習にも使えると考えて,迷わずアプリ版も購入し
CBT直前にかけてはアプリ版をメインで使用しました.

 

 

◆『イヤーノート』と『ATLAS』を同時に検索!◆

 

「イヤーノートアプリ」で私が最も重宝したのが,
『イヤーノート』と『イヤーノートATLAS』両方を
同時に検索してくれる機能があるところです.

 

例えば,『QBCBT』の演習中,
「○○サイン」「○○徴候」といった単語にたくさん出くわします.
その単語を「イヤーノートアプリ」の検索欄に入力すると,
当該画像が載っている『イヤーノートATLAS』のページはもちろん,
同時に『イヤーノート』本体のページも表示されます.

(編集注:現在のアプリ(v3.1.2)では,このような画面です↓)

 

『イヤーノートATLAS』を確認した後に『イヤーノート』本体の文章も読むようにしたことで,
その単語に関連する疾患全体についても効率よく,
かつ集中して勉強することができました.

 

 

◆アプリならではの“リンク”はやっぱり便利◆

 

『イヤーノート』本編には多くのリンクが貼ってあり,
関連性をもって勉強することができます.
これは(予想通り)非常に便利でした.

 

例えば,ある病気に特徴的な所見がある場合,そこにはたいてい
『イヤーノートATLAS』のアイコンが貼ってあります.
そのアイコンをタッチするだけで,該当する『イヤーノートATLAS』のページに
移動することができるので,
書籍で索引を引く時間が大幅に短縮できます.

 

また『イヤーノート』内部でも,関連するページにリンクがとんでいるので,
関連項目を同時に勉強できました.

 

 

◆“使いやすさ”で直前期のストレス軽減◆

 

さらに「イヤーノートアプリ」では,“使いやすさ”をとても感じました.
多くの医学生が,教科書や資料をpdf化して
タブレットなどに入れていると思いますが,
ページ送りの遅さや,検索時間がかかりすぎるといった理由で
紙媒体を読むのと比較してストレスがかかることも多いと思います.

 

「イヤーノートアプリ」は,検索スピードも早く,ページ送りもスムーズで,
紙媒体と比較して遜色なく,快適に読むことができました.

 

 

◆最後に◆

 

『イヤーノート』といえば国家試験,というイメージがあったため,
CBTのために『イヤーノート』を買うのは
学習レベル的にも,そして最新情報で国家試験に臨むという意味でも,
少し早すぎるのではないかと思っていました.

 

しかし「イヤーノートアプリ」は,3,000円+税
次の年度の「イヤーノートアプリ」にアップグレードできるそうです.

 

CBT用に「イヤーノートアプリ」を購入して,国家試験までアップグレードして使えば,
4年生にとっても非常に良い買い物だと思います.

 

(T大学 S.O)

 

mediLinkアプリに関する他の体験記を読む>>

CBT対策に関する他の体験記を読む>>