新着記事

実習

[4~5年生]医師国家試験【体験記】実際にみるとわかりやすい!産婦人科対策

こんにちは.編集のY.Kです.
みなさん,産婦人科の勉強は進んでいますか?
毎年30問以上国試に出題される産婦人科ですが,
いまいち勉強の仕方がわからない……
と悩んでいる人も多いはず.
今回はそんな方への記事となっています.

ズバリ,産婦人科は,

実習でイメージをつかむ!! 

必修では,器具の扱いも多く出題されます.
実習でたくさんの器具を触った経験を,
そのまま国試に役立てることができるのです.

苦手分野を明確にした状態で実習に臨み,
実習中は,どんどん先生に
質問できるようにしておきましょう.

ちなみに,先輩の中には
こんな失敗から実りのある学びを得た人も…….

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吸引分娩は痛い
獨協医科大学 K.Kさん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

器具系の問題は知っているかどうかで大きく点数が決まってきます.

参考書で学ぶのももちろん大切ですが,
実習の際にしっかりと触っておくことが大切です.

たとえば,自分は実習で産婦人科を回った際に,
災害用の簡易吸引分娩の器具を実際に触らせてもらう機会がありました.

「期限切れで廃棄予定のものだったので自由にしてよいからね」
と言い残し,先生はピッチに呼ばれ部屋を後にしました.

原理としては浴室用の壁掛け吸盤と似ているものでした.
ただ,それよりも少々頑丈で物々しい雰囲気を纏っていました.

そしてふとこんな疑問がわきました.
「こんなものをくっつけて引っ張るだけで,本当に吸引分娩が可能なのか?」

案ずるより産むが易しといいます.気づいたときには自分の右頬で試していました.
ものの見事に取れなくなりました.

自分一人の力では吸盤はまったく動じませんでした.
正直,死ぬほど焦りました.

先生が戻ってくる前に外さなければ完全に恥です.
見られるわけにはいかない.

そう思い,同期に経緯を説明し力を貸してもらうことにしました.
同期も理解できないといった顔をしていましたが,
巻き添えで怒られたくないと快く了承してくれました.
そして,力任せに二人で引っ張ることでようやく取ることができました.

しかし,右頬がアンパンマンのように真っ赤に腫れました.
あ,もうこれは隠しきれないな.

人間,覚悟が決まると冷静になります.
恥や外聞をよそに,
なるほど…吸引分娩で帽状腱膜下血腫がおきてしまうのも納得だ」と理解し
一人感慨にふけっていました.

実際に触ってみると,使い方弊害などすべてわかります.

みなさんはちょうどいい距離感で器具の使い方を学べることを祈っています.

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんな貴重な(?)経験,なかなかありませんね.

ただこのような経験も,
器具についての知識があってこそ,
より記憶に残るものになることは間違いありません.

実際に,過去の国試では
この知識に関係する問題が出題されたこともあります.

113A18
出生後12時間の新生児.在胎39週,出生体重3,820gで,児頭の吸引を3回施行した後に娩出された.Apgarスコアは6点(1分),9点(5分)であった.出生時に両側の側頭部から後頭部にかけて波動性の血腫を触知した.徐々に頭部の血腫が拡大するとともに,出生9時間後からチアノーゼを伴う無呼吸が繰り返し出現したため,NICUに搬送された.体温36.3℃.心拍数156/分,整.血圧50/30mmHg.呼吸数60/分.SpO2 90%(room air).前頭部から両側の上眼瞼にかけて皮膚が暗紫色を呈している.やや活気がなく,筋緊張は低下している.血液所見:赤血球257万,Hb 9.0g/dL,Ht 32%,白血球27,400,血小板15万,PT-INR 1.3(基準0.9〜1.1),APTT 46.6秒(基準対照37.1秒),血漿フィブリノゲン150mg/dL(基準200〜400mg/dL).血液生化学所見:総蛋白4.5g/dL,アルブミン2.8g/dL,AST 88U/L,ALT 26U/L,LD 874U/L(基準198〜404),尿素窒素12mg/dL,クレアチニン0.6mg/dL,血糖146mg/dL,Na 133mEq/L,K 5.2mEq/L,Cl 104mEq/L.頭部単純MRIのT1強調像を次に示す.

患児に対する適切な治療はどれか.

a 抗菌薬の投与

b 病変部の穿刺

c 新鮮凍結血漿の投与

d キサンチン系薬の投与

e ブドウ糖・インスリン点滴静注

実習の経験は,事前の準備次第で
重要な国試対策になることがわかります.

実習に行く前には,
「Q-Assist産婦人科」で分野の全体を学び,
さらに『レビューブック産婦人科』で要点を見直し,
理解を深めてから臨むといいでしょう.
いっそう,実習を実りあるものにすることができます.

レビューブック産婦人科2020-2021

実習と合わせて学ぶことで,
ぜひ産婦人科を得意分野にしてください.

カテゴリー