お知らせ

  • マイページ ストア iOSアプリ Androidアプリ QB 国試 QB CBT

システム障害のお知らせ/復旧のご報告(2020/1/21 15:45)

復旧のご報告

2020/1/21 15:45頃、問題が発生しているシステムを再起動し、事象が解消したことを確認いたしました。

引き続き、原因調査と再発防止策の検討を進めております

ご利用の皆様にご不便、ご不安をおかけしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

障害状況のご報告

本日15:15頃、QBオンライン国試・CBTにおいて、問題演習画面が表示できない(ローディングアイコンが繰り返し表示される)問題が発生しました。

現在、問題の改善にむけて調査と対応を進めています。

(障害確認時刻)

2020年1月21日 15:15頃 から

(発生している症状)

QBオンライン国試、QBオンラインCBTの問題演習画面を表示できない。(ローディングアイコンが繰り返し表示される)

(原因)

本障害は断続的に継続しているため、別の記事に集約して障害発生状況および原因調査、対応の進捗のご報告をしています。

ご利用の皆様にはご不便・ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。

引き続き、最優先で調査と対応を進め、進捗があり次第、この記事を更新してお知らせいたします。

  • 医師国試模試 CBT模試 マイページ ストア iOSアプリ Androidアプリ QB 国試 QB CBT mediLink動画

システム障害発生と復旧のお知らせ

本日14:40頃、mediLinkのすべてのサービスにアクセスができなくなる問題が発生しました。

ご利用の皆様にはご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

(発生日時)

2020年1月17日 14:40頃 から 2020年1月17日 15:50頃 まで

(影響範囲)

mediLink全サービス

(原因)

ネットワークの不具合

(経緯)

14:40 ネットワーク障害発生

15:15 ネットワークの復旧(QBオンライン国試・CBTは、復旧にともなうアクセス過多により利用困難な状態が継続)

15:50 QBオンラインの利用状態が改善(全システムが通常の利用状態に復旧)

※QBオンラインの問題画面に遷移できない状態が継続している場合、ログアウトした後に再ログインを試みてください。

ご利用の皆様にご不便とご不安をおかけしましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます。

今後は再発防止に努めさせていただきます。

  • QB 国試

2019年版からの削除問題リストを更新しました(12/18)

2019年版から2020年版にかけて削除された問題のリストに、vol.6 公衆衛生 を追加しました。

以下のページから閲覧してください。PDFも閲覧可能です。

Q.前年版の国試QBから削除された問題はどれですか?

  • iOSアプリ Androidアプリ

「mediLink」アプリ ver.3.1.4 をリリースしました

ver.3.1.4 では次の内容に対応しました。

〈検索画面〉

・検索結果が0件の時、入力されたワードに近い候補単語を表示
 (オンラインでの検索時のみ)

・検索画面から遷移後、検索したワードをハイライトで表示
 (各コンテンツのアップデートが必要)

〈ダウンロード時の通信手段の指定〉

・設定画面に「Wi-Fi接続時のみコンテンツをダウンロードする」機能を追加

その他、細かい不具合の修正を入れました。

(さらに…)

  • マイページ ストア iOSアプリ Androidアプリ QB 国試 QB CBT mediLink動画

年末年始休業のお知らせ

弊社は 2019年12月27日(金)〜2020年1月6日(月) の期間を休業とさせていただきます。

期間前後をふくめ、以下のとおりご対応を予定しています。

A. mediLinkストアでの商品のご購入

mediLinkストアの商品は、通常どおりご購入いただけます。

電子版・オンライン商品は、決済完了次第ご利用可能となります。

配送商品は2020年1月7日(火)より順次発送いたしますが、通常よりも混雑が見込まれるため、商品の発送が1月7日以降となる場合があります。

B. お問い合わせ・領収書発行等

お問い合わせフォームより受け付けておりますが、ご回答は1月7日(火)より順次のご対応となる場合がございます。

また、1月7日(火)以降も、通常より回答までにお時間いただく場合がございます。

ご不便をおかけしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • QB 国試

QB vol.6は2020年版へ切り替わりました(10/17)

QB vol.6(Y 公衆衛生)は2019年版から2020年版へと切り替わりました。

2019年10月18日発売の『クエスチョン・バンク 2020 vol.6 公衆衛生』に封入されているシリアルナンバーを登録すると、収録されている問題の解説を閲覧いただけます。

※2019年版のシリアルを登録している方も最新の2020年版の問題リストをご利用いただくことになります。何卒ご了承ください。 (さらに…)

  • QB CBT

CBT版 問題改編履歴(10/7)

QBオンラインCBTでは、問題の設定に不備が見つかった場合、問題の改編を順次行っています。

基本的には、間違い選択肢をより確実に除外できるよう修正を行ったものであり、問題が成立しない場合に限って正答を修正しています。ご了承ください。 (さらに…)

  • QB CBT

コア・カリキュラムと掲載問題対照表(10/4)

問題PDF画面に、コア・カリキュラムと掲載問題の対照表をアップロードしました。

  • 総合内科専門医模試

総合内科専門医試験オンライン模試2019 正誤のお知らせ

総合内科専門医試験オンライン模試2019の正誤情報を掲載しています.

誤りの残ったまま発行に至りましたこと,深くお詫びして訂正申し上げます.

なおオンライン上での記載は全て修正済みです.

 

第1時限-20 アナフィラキシーショックの治療および対応

【誤】

(選択肢)d 下痢を生じることがある.

(解説) ×d 持続する腹部症状として,嘔吐や腹部疝痛が出現することがある.

【正】

(選択肢)d 便秘を生じることがある.

(解説) ×d 持続する腹部症状として,嘔吐や腹部疝痛,下痢が出現することがある.

 

第1時限-36 インスリノーマの診断に有用でない検査

【誤】

(選択肢)d インスリン負荷試験時の血中Cペプチド測定

(解説) ○d インスリン投与による低血糖時の血中Cペプチド分泌抑制の有無で,腫瘍性分泌か否かを判定する.

【正】

(選択肢)d 低血糖時の血中Cペプチド測定

(解説) ○d 低血糖時の血中Cペプチド分泌抑制の有無で,腫瘍性分泌か否かを判定する.

 

第1時限-37 コントロール不良な気管支喘息

(選択肢解説)

【誤】

○d 長時間作用性吸入抗コリン薬は新ガイドラインで治療ステップ3から使用が推奨されている

【正】

○d 長時間作用性吸入抗コリン薬は新ガイドラインで治療ステップ2から使用が推奨されている

 

第2時限-72 レプトスピラ症の治療

【誤】

(選択肢)b 第3世代セフェム系薬

(解説) ×b レプトスピラ症に対しては一般的に使用しない.

【正】

(選択肢)b アムホテリシン

(解説) ×b 抗真菌薬である.

※レプトスピラ症の重症例に対してはセフトリアキソンが適応となります

 

第3時限-1 甲状腺髄様癌の診断と治療

【誤】

(選択肢)b 穿刺吸引細胞診が診断の有力な手段となる.

(解説) ×b 細胞診では,乳頭癌のような特徴的な細胞異型に乏しい.

(選択肢)e 遠隔遠位の評価に131I-MIBGシンチグラフィが用いられる.

(解説) ○e 髄様癌細胞は131I-MIBGを取りこむため遠隔転移の評価に用いられる.

【正】

(選択肢)b 確定診断は穿刺吸引細胞診で行う.

(解説) ×b 粗顆粒状クロマチンや間質のアミロイドを認めることもあるが,多様な細胞像を示すことがあり,診断は総合的に行う.

(選択肢)e 遠隔転移の評価にFDG-PETが用いられる.

(解説) ○e FDG-PETは遠隔転移の評価に用いられる.

 

第3時限-48 抗NMDA受容体脳炎の原因疾患

(症例文)

【誤】

血液中の自己抗体を検索したところ抗NMDA受容体抗体が検出された.

【正】

髄液中の自己抗体を検索したところ抗NMDA受容体抗体が検出された.

 

第3時限-54 マクロプロラクチン血症の診断

(選択肢解説)

【誤】

×c 抗PIT-1抗体症候群は血清プロラクチンおよびACTH,コルチゾール,TSHが低下する病態で,本例とは合致しない.

【正】

×c 抗PIT-1抗体症候群は血清GH,プロラクチンおよびTSHが低下する病態で,本例とは合致しない.

 

第3時限-67 敗血症性ショックの対応

(選択肢)

【誤】

c 輸液負荷にもかかわらず,平均血圧が60mmHgであったため,ドパミン製剤を開始した.

d 輸液負荷にもかかわらず無尿であったため,フロセミドを開始した.

e 輸液負荷にもかかわらず,平均血圧が70mmHgであり,乳酸値の低下を認めなかったため,敗血症性ショックと判断した.

【正】

c 輸液負荷にもかかわらず平均血圧が60mmHgであればドパミン製剤を開始する.

d 輸液負荷にもかかわらず無尿であればフロセミドを開始する.

e 輸液負荷および血管収縮薬の投与にもかかわらず,平均血圧が65mmHgで乳酸値の低下を認めなければ敗血症性ショックと判断する.

  • iOSアプリ Androidアプリ

「mediLink」アプリ ver.3.1.2 をリリースしました

ver.3.1.2 では次の内容に対応しました。

〈ナビゲーションバー〉

・「戻る」ボタンを追加:1つ前の画面に戻ります(iOSのみ)

・「基準値」ボタンを追加:基準値一覧を表示します

〈検索画面〉

・索引検索/全文検索の種別を表示

・AND検索/OR検索の切替を追加

・検索結果で購入済コンテンツを優先して表示

・サジェスト表示の内容を改善

(さらに…)

3 / 2112345...1020...最後 »

カテゴリー