国試

【平成30年版医師国家試験出題基準】新ワード紹介(8)フレイル

編集M.Dです.今日は,老年医学特集の最終回.
医学総論VII「診察」→2B7「介護の必要度」の備考欄に追加された
「フレイル(の評価)」です.

 

目次

◆フレイル(frailty)とは

◆112〜114回医師国家試験での出題状況は?

 

 

◆フレイル(frailty)

 

日本老年医学会が2014年5月に提唱した名称です.

 

これまで「虚弱」とよばれてきた概念ですが,
最近は「虚弱」の意味・概念そのものがより深く議論されるようにもなりました.

 

そのため,改めて日本老年医学会が

「加齢に伴う予備能力低下のため、ストレスに対する回復力が低下した状態」を表す“frailty”の日本語訳として「フレイル」を提唱しました.

 

その後,「要介護状態に至る前段階として位置づけられるが,

身体的脆弱性のみならず精神・心理的脆弱性や社会的脆弱性などの多面的な問題を抱えやすく,自立障害や死亡を含む健康障害を招きやすいハイリスク状態」

と定義されています.

 

参考:日本サルコペニア・フレイル学会(http://jssf.umin.jp/clinical_guide.html)

 

また,フレイルが提唱された際に,医療・介護従事者に対して
・フレイルの概念を正しく理解すること
・予防に積極的に取り組むこと
をよびかけています.

 

人は誰もが,加齢とともに身体能力が低下していきます.
日常生活に必要なことが自力でできなくなると「要介護」ですが,
その手前,つまり日常生活は自身の身体能力で送れているものの,
健康を崩しやすくなったり,精神的に落ち込みやすくなったり…
このような状態が「フレイル」にあてはまります.

 

上記の文章ではわかりづらいですが,
身体的な側面(筋力低下・歩行困難など)だけでなく,認知機能精神的・心理的側面
さらに社会的な要素(一人暮らし・貧困など)も含んでいることがポイントです.
可逆性”であり,適切な対策や予防を行えば
フレイルから脱することができると考えられています.

 

 

 

なぜフレイルが重視されているのか.それは,フレイルが
病態の予後,外科手術の適応,死亡の予測因子になることが明らかになってきたからです.
ストレスへの反応性も高いため,薬物療法のレジメンなどを
慎重に検討しなければいけないこともあります.
そのため,フレイルかどうかを早期かつ適切に見極める必要があるのです.

 

現在,フレイルの診断方法には統一された基準がありませんが、

Friedらの概念(表現型モデル)に基づくCardiovascular Health Study基準(CHS基準)と、Rookwoodらの概念(欠損累積モデル)に基づくFrailty Indexが主要な方法です.

 

CHS基準は、身体的フレイルの代表的な診断法と位置づけられていて、修正した改訂日本版CHS基準(J-CHS)が提唱されています.

 

①体重減少

②筋力低下

③疲労感

④歩行速度の低下

⑤身体活動の低下

 

の5項目中3項目以上に該当するものをフレイルとみなし,1または2項目に該当すればプレフレイルと判断します.

 

参考:国立長寿医療研究センター(https://www.ncgg.go.jp/cgss/news/20201008.html

 

しかし,この基準で拾いきれない症例も多く,
さらに踏み込んだ診断基準の作成が待たれています.
各疾患との関連も議論されており,
例えば,糖尿病ではフレイルになりやすい,という報告が増えています.

 

フレイルの予防は,適度な運動と,適切な食事です.
病態の進行を止めて,要介護状態に陥るのを防ぐことが目的です.

 

いろいろと議論がなされていますので,いくつか資料をご紹介します.
理解を深めたい方は,ぜひ読んでみてください.
https://www.arterial-stiffness.com/pdf/no21/046-047.pdf
https://medicalnote.jp/contents/160309-003-VD

 

◆112〜114回での出題

112回,113回国試で,「フレイル」が出題されました.
今後も出題が予想されます.問題を確認しておきましょう.

※mediLinkIDを持っている方はQBオンラインで問題を見ることができます
https://qb.medilink-study.com/#/Answer/112C28
https://qb.medilink-study.com/#/Answer/113F27

 

(編集部M.D)

 

 

第1回:適用はいつから?
第2回:何が変わったのか~問題数100問減の影響は?~
新ワード紹介(1)非閉塞性腸管虚血症(NOMI)
新ワード紹介(2)胃前庭部毛細血管拡張症(GAVE)
新ワード紹介(3)腫瘍性低リン血症性骨軟化症(TIO)
新ワード紹介(4)nephrogenic systemic fibrosis(NSF)
老年医学にかかわる新ワード4つ
新ワード紹介(5)サルコペニア
新ワード紹介(6)運動器不安定症
新ワード紹介(7)運動器症候群(ロコモティブシンドローム)
新ワード紹介(8)フレイル
新ワード紹介(9)家族性低尿酸血症
新ワード紹介(10)タンデムマス・スクリーニング
新ワード紹介(11)ジカウイルス感染症
新ワード紹介(12)持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)
新ワード紹介(13)アシネトバクター感染症
新ワード紹介(14)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)
新ワード紹介(15)難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)
新ワード紹介(16)ジュネーブ宣言
新ワード紹介(17)システマティックレビュー
新ワード紹介(18)産科医療補償制度
新ワード紹介(19)医療事故調査制度
新ワード紹介(20)地域医療構想/地域包括ケアシステム
新ワード紹介(21)好酸球性食道炎(EoE)
新ワード紹介(22)ACTH非依存性両側副腎皮質大結節性過形成(AIMAH)
新ワード紹介(23)被包化膵臓壊死(WON)
新ワード紹介(24)高IgM症候群
新ワード紹介(25)重症先天性好中球減少症(SCN)
新ワード紹介(26)家族性地中海熱(自己炎症性疾患)
新ワード紹介(27)進行性多巣性白質脳症(PML)
新ワード紹介(28)ダメージコントロール(DCS)
新ワード紹介(29)ロービジョンケア

 関連コンテンツ

新着記事カテゴリー


 すべて

 国試

 CBT・OSCE

 動画・アプリ

 マッチング

 実習

 コラム

 その他