新着記事

国試

【平成30年版医師国家試験出題基準】新ワード紹介(18)産科医療補償制度

こんにちは,編集部Fです.連載でお送りしている,
「平成30年版医師国家試験出題基準」(適用は112回国試から)の新ワード紹介.
公衆衛生の第6弾は「産科医療補償制度」です.

制度自体は2009年に開始し7年以上経過していますが,
出題基準には今回の改定により,“必修の基本的事項”として新たに追加されました.
過去に出題はありませんが,目的や仕組みなどの要点はおさえておきましょう!

参考:公益財団法人 日本医療機能評価機構による産科医療補償制度のウェブサイト
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/index.html

 

◆創設の背景と目的◆

医療訴訟では,“医師に過失があったかどうか”が主な争点となります.
しかし,分娩時の脳性麻痺は過失の有無を立証するのが困難なケースが多く,
裁判が長期化するなど,医師・患者双方に大きな負担となっていました.

さらに,訴訟を恐れ医師が産科を敬遠→産科医が不足することによる
産科医療の崩壊が懸念されたこともあり,産科医療の環境を整備する一環として,
無過失補償制度の創設に向けた検討が進められました.

そして2009年1月,分娩時の事故などにより重度の脳性麻痺を発症した児に対し,
医師の過失の有無に関わらず補償金を支払う,産科医療補償制度が始まりました.

本制度は,脳性麻痺児・家族の経済的負担を速やかに補償するとともに,
原因分析を行い,再発防止に資する情報を提供することによる
紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を目的としています.

 

◆制度の仕組み◆

制度の運営主体である日本医療機能評価機構が,
制度に加入している分娩機関から掛金を集め,損害保険会社に保険料を支払い,
保険契約を結びます(被保険者は分娩機関).

補償対象となるのは,以下の3つの条件をすべて満たした児です.

・出生体重1,400g以上かつ,在胎週数32週以上*(または在胎週数28週以上で所定の要件を満たす)
・先天性や新生児期の要因によらない脳性麻痺
・身体障害者手帳1・2級相当の脳性麻痺

*2015年1月1日以降に出生した場合.
2009年1月1日から2014年12月31日までに出生した場合は,
出生体重2,000g以上かつ,在胎週数33週以上

補償対象に該当する場合,
妊産婦は分娩機関を通して,日本医療機能評価機構に申請書を提出します.
補償対象であると認定されると,以下の金額が保険金より支払われます.

準備一時金(600万円)+補償分割金(年120万円×20回)=3,000万円

 

◆成果と課題◆

紛争の防止・早期解決という観点から,現在の成果を見てみましょう.
最高裁判所が公表している「医事関係訴訟事件(地裁)の診療科目別既済件数」をみると,
全診療科目合計でも近年,訴訟件数は減少傾向にありますが,
産婦人科は特に目立って減少しています.

http://www.courts.go.jp/saikosai/vcms_lf/20160603ijikankei4.pdf

産科医療の質の向上,という観点からはどうでしょうか.
日本医療機能評価機構は原因分析の結果から毎年,
再発防止に関する報告書をまとめ,公表しています.

http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/documents/prevention/index.html

これまでの原因分析で原因が明らかになったものは約7割で,
原因不明のものが約3割となっています.

脳性麻痺の原因特定は依然として難しいですが,
原因をこうしてまとめることができるようになったのは,大きな成果です.

今後,脳性麻痺の原因・発症予防についてさらなる研究が進み,
産科医療の質が向上することが期待されます.

 

◇◇◇◇◇◇◇◇

今回の出題基準改定で,医療安全分野では「医療事故調査制度」も同じく
“必修の基本的事項”として追加されました.
次回はそちらを紹介したいと思います!

(編集部F)

 

 

第1回:適用はいつから?
第2回:何が変わったのか~問題数100問減の影響は?~
新ワード紹介(1)非閉塞性腸管虚血症(NOMI)
新ワード紹介(2)胃前庭部毛細血管拡張症(GAVE)
新ワード紹介(3)腫瘍性低リン血症性骨軟化症(TIO)
新ワード紹介(4)nephrogenic systemic fibrosis(NSF)
老年医学にかかわる新ワード4つ
新ワード紹介(5)サルコペニア
新ワード紹介(6)運動器不安定症
新ワード紹介(7)運動器症候群(ロコモティブシンドローム)
新ワード紹介(8)フレイル
新ワード紹介(9)家族性低尿酸血症
新ワード紹介(10)タンデムマス・スクリーニング
新ワード紹介(11)ジカウイルス感染症
新ワード紹介(12)持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)
新ワード紹介(13)アシネトバクター感染症
新ワード紹介(14)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)
新ワード紹介(15)難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)
新ワード紹介(16)ジュネーブ宣言
新ワード紹介(17)システマティックレビュー
新ワード紹介(18)産科医療補償制度
新ワード紹介(19)医療事故調査制度
新ワード紹介(20)地域医療構想/地域包括ケアシステム
新ワード紹介(21)好酸球性食道炎(EoE)
新ワード紹介(22)ACTH非依存性両側副腎皮質大結節性過形成(AIMAH)
新ワード紹介(23)被包化膵臓壊死(WON)
新ワード紹介(24)高IgM症候群
新ワード紹介(25)重症先天性好中球減少症(SCN)
新ワード紹介(26)家族性地中海熱(自己炎症性疾患)
新ワード紹介(27)進行性多巣性白質脳症(PML)
新ワード紹介(28)ダメージコントロール(DCS)
新ワード紹介(29)ロービジョンケア

同シリーズの書籍・関連書籍

関連する記事