新着記事

その他

【みんなの心電図 〜非専門医のための読み方〜 第9回】心室壁はつっかえないように縮んで,伸びる(QRST波形理解の下準備その1)

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第9回 心室壁はつっかえないように縮んで,伸びる

(QRST波形理解の下準備 その1)

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

心室の収縮・拡張を反映した波形がQRSTです.
この波形の成り立ちを理解するために,
今回と次回で下準備をしましょう.

 

心室壁の細胞は,「内膜側」にあるものと
外膜側」にあるもので電気的性質が異なります

 

 

この違いが心室壁の収縮の特徴を説明するうえで重要になります

 

ドーナツ様の左室の輪切りを思い浮かべてください.

心室壁の収縮とは,内側に向かって縮むことですが,
もしも外膜側から収縮が始まったら,
つっかえてしまって効率はとても悪いですよね.

 

人間の心臓は不思議と効率がよくできており,
収縮する時は内膜側が先に収縮します.

 

逆に拡張する時は外膜側が先に拡張します.
収縮のときと同様にこのほうが効率がいいですよね.

 

 

この心室壁の収縮・拡張の順番が、電気がどちら向きに流れるかを決め、
心電図の各誘導でR波・T波が上向きなのか下向きなのかに関係します.

 

電気生理学の専門家の方はご存じかもしれませんが,
心筋の中間層にも活動電位持続時間が極端に長いという
面白い性質のM細胞も近年発見されて実際の様相は
内膜側と外膜側の2層性のみでは説明ができないほど複雑です.
しかし説明の導入ではかえって理解の妨げとなりますので,
古典的解釈で説明しますことをお許しください.

 

 

今日のまとめ
●心室壁は内膜側から収縮し,外膜側から拡張する

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–

関連する記事