新着記事

その他

【第20回】心内膜下虚血の心電図 ST低下

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第20回 心内膜下虚血の心電図 ST低下

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

 

今回は,虚血を反映する心電図所見1つ,

ST低下について解説します.

心臓の虚血はどこから始まるのでしょうか?
この疑問を解決するには血管について考えることから始めましょう.

 

心臓は全身へ血流を送るポンプの役割を果たしますが,
心臓自身を栄養する血管は冠動脈と呼ばれ,
3本の枝(①右冠動脈②左前下行枝③左回旋枝
からなります(第14回).

 

 

冠動脈はまず心臓表面を走り,
心筋壁へは外膜側から貫くように内側へ向かいます
つまり,心筋の血流は外膜側が中枢
内膜側が末梢ということになります.

 

血流が低下すると末梢側から虚血は始まりますから,
虚血は「内膜側」から始まり

外膜側まで広がると「貫壁性梗塞」へと発展するのです.

 

さて,ST上昇の心電図を解説した際に,
虚血部は収縮期に過分極しやすいという特徴から
(正常心筋部と比べて)虚血部はマイナス
というルールを示しました(第16回).
これは虚血が外膜側まで及んだ「貫壁性梗塞」の状態です.

 

一方,まだ外膜側までは虚血に至っていない
心内膜下虚血では内膜側がマイナス
外膜側がプラスになるので,
電極からみて電流は逃げていきます.
逃げていく電流は下向きに触れるので
ST部分は低下するのです.

 

 

 

今回のまとめ
●心筋壁は内側から虚血が始まる.

●内膜下虚血ではSTは低下する.

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師だけでなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–