新着記事

その他

【第12回】QRS波の胸部誘導でのグラデーションを感じよう

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第12回 QRS波の胸部誘導でのグラデーションを感じよう

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

今回は,6つの胸部誘導(V1~V6)におけるQRS波の形の違いを理解しましょう.
ポイントは,胸部誘導の電極の位置(第5回)と,
(繰り返しになりますが)“近づく電気は上向きに,離れる電気は下向きに”(第4回)です.

 

心室の興奮はヒス-プルキンエ線維により瞬時に伝導し両室がほぼ同時に収縮します.
しかし厳密には各部位の心筋収縮のタイミングには時差があります

 

心室壁を心室中隔,心尖部,自由壁,心基部(心室上方の根元)の4つの部位に分けて,

心筋収縮のタイミングを解説します .

 

①まず,左脚からでる中隔枝からおりた電流で心室中隔が興奮します.
②次に心尖部が興奮します
③そして,最も大きな起電力がある心室自由壁の興奮がおきます
④最後に心基部へと興奮が抜けます

 

 

V1でのQRS波形を考えてみましょう.

 

まず,心室中隔の興奮を反映してV1電極へ近づく電流を
上向きの波としてキャッチします(r波).

 

その後,最大の起電力がある心室自由壁の興奮となります.
心室自由壁は左室も右室も興奮が生じるわけですが,
左室の方が起電力として大きく右室の小さい電流は相殺されてみえてしまうため,
V1電極からみて自由壁の逃げていく電流は

深い下向きの波としてキャッチされます(S波).

 

V6はV1と位置関係が逆なので,波の形もほぼ逆となります.
最初におこる心室中隔の興奮は電極から遠ざかる電流のため
小さい下向きの波としてキャッチします(q波).

 

その後,最大の起電力である心室自由壁の興奮(左室>>右室)はV6電極に近づくため,
大きい上向きの波としてキャッチされます(R波

 

V2-V5にかけては右胸から左胸にかけて,

少しずつ位置をずらして電極を配置しているため,
電流との近づく・離れるといった関係も徐々に変化します.
波として並べた時には,V1の小さいr波はV2,V3…とすすむにつれて

R波が大きくなるようにみえます
そしてV5-V6付近で R波の高さは最大となります.
こうしたグラデーションがあることが正常な心電図であることの所見なのです.

 

 

R波が徐々に伸びるグラデーションの変化を「R波増高」といいます.
いずれ虚血の回で「R波増高不良」という虚血所見を説明する際にまた復習しましょう.

 

 

今回のまとめ
●胸部誘導はV1誘導(rS波)からV6誘導(qR波)にかけての R波の増高をグラデーションとして捉える.

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–

関連する記事