新着記事

その他

【第23回】速読式 心拍推定

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第23回 速読式 心拍推定

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

今回から不整脈シリーズです.
第3回の記事(心電図でわかること,わからないこと)で,
心電図に「しかわからないこと」として不整脈を挙げました.
心電図が診断に最も威力を発揮する疾患ですので,

不整脈の読影をしっかり身に付けましょう.

 

「脈(心拍)が速い,遅い」というのは
正確には“ディバイダー”という心電図定規をあてがって
判定することができます.

 

しかし,そのような悠長なことしているのでは
数十秒程度という時間で1枚の心電図を読めません.
またパッと目にした時の“不整脈らしさ”を拾う技術というのは
読解を進めるうえでとても有用です.
ここでは「心拍数の推定」と「QT延長の有無(第24回)」の
2つの推定方法を紹介いたします.

 

まずは世の心電図がどのような規格で記録されているのかを知りましょう.
基本的にこれは日本全国共通で同じ規格で,
送り速度(25mm/秒)と決まっています.

 

記録用紙は細い線と太い線が描かれた方眼紙になっています.
細い線は1mm間隔で描かれており,
時間に換算すると0.04秒(40ミリ秒)で,
これが最小単位(1目盛り)となります.
太い線は5目盛りごとに描かれており(1マス=5目盛り),
1マスは5mm間隔で,時間に換算すると,
0.04秒×5=0.2秒(200ミリ秒)となります.

 

 

 

ここから,1分は,60秒÷0.2=300マスと計算されますね.
R波1個が1心拍と考えると,
「1分間(300マス)にR波が何回出現しているか」
から心拍(HR)が推定でき,
RR間隔がΔマスのときの心拍は,
推定HR(回/分) = 300÷Δ」という関係式が成り立ちます.

 

 

これを利用して目の前の心電図が

頻脈(100回/分以上)か,
正常範囲(50-100回/分)か,

徐脈(50回/分

を判断します.

これにしたがって計算してみるとRR間隔が
1マス間隔では300÷1=300回/分 , 2マス間隔では300÷2=150回/分 ,
3マス間隔では300÷3=100回/分 ,4マス間隔では300÷4=75回/分 ,
5マス間隔では300÷5=60回/分 ,6マス間隔では300÷6=50回/分となります.

 

では割り切れない間隔,例えばRR間隔が3.5マスであれば
どのように考えれば良いのでしょうか?

 

この場合,3マス~4マスの間にあるという情報に
注目できれば良いと考えます.
すなわち読解の初期において知りたい情報は
○○回/分という正確な値そのものではなく,
「ざっくりとした脈拍とそれが頻脈または徐脈に相当するのか?」

という判断だからです.

例えばこの場合は3マス~4マスの間であるので
75-100回/分程度なので正常範囲にありそうと推定するのです.
初めのうちはこの関係式を繰り返し確認するとよいでしょう.

 

しかし,頻繁にこの確認をしていくうちに
このマス数ごとの心拍を暗記してしまう方がさらに早いことに気が付くでしょう.
「1マス→300,2マス→150,3マス→100,4マス→75,5マス→60,6マス→50」
といった具合です.

また頻脈(100回/分以上)をマス目で置き換えると
RR間隔で3マス未満ということになりますし,
徐脈(50回/分未満)をマス目で置き換えると
6マス以上ということになります.

 

 

ちなみに,冒頭で紹介した“ディバイダー”という器具は
図のような,一見コンパスのようなものです.
心拍を正確に測るときや,パッとみただけではわからない
RR間隔の変動の有無を調べるとき(心房細動の診断など)に使用します.

 

 

 

今回のまとめ
●心電図記録用紙:細い線(1目盛り)は1mm間隔,0.04秒(40ミリ秒), 太い線(1マス)は5mm間隔,0.2秒(200ミリ秒)
●推定心拍(HR/分)=300÷Δマス(RR間隔)
●RR間隔が3マス未満は頻脈(100回/分以上),6マス以上は徐脈(50回/分未満)

 

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師だけでなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–