新着記事

その他

【第14回】冠症候群の診断は合わせ技1本

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第14回 冠症候群の診断は合わせ技1本

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

心臓には心臓自体を栄養している冠動脈があります.
心臓の虚血は主にこの冠動脈が狭窄,攣縮することで
心臓自身を栄養する血流が低下して起こります.

 

冠動脈の3本の枝
①右冠動脈,②左前下行枝,③左回旋枝

は覚えてください.

 

 

まずは,虚血性心疾患の名称を整理しましょう.

 

急性冠症候群(ACS)は,

急性心筋梗塞(AMI)不安定狭心症(UAP)を包括した概念です.

 

特にAMIではST部分が上昇することが有名な所見で,
ST上昇型心筋梗塞のことをSTEMI(「ステミー」と発音します)

と現場では呼びます.
これに準じて最近はACSでもST上昇型をSTEACSと表現します.

 

わざわざ名前に「上昇型」があれば,ご想像の通り「非上昇」もあり,
non-STEMInon-STEACSと表現します.
これはST低下だけでなく,心電図変化の乏しいACSも包括した概念です.

 

虚血の心電図変化を解説する前にお伝えしたいことは
虚血があること≠心電図変化」であることです.

 

心電図は虚血を診断鑑別するうえで

「必要条件」であります(捉えた虚血性変化は有意に評価して良い)が,
「十分条件」(虚血を心電図正常だけで否定できるほどの検査)ではありません.

 

虚血の発生後にどのようなことが起こるかを見てみましょう.
心筋にはまず酸素不足から嫌気性呼吸の変化が起こります.

 

次に,拡張不全そして収縮不全の順にポンプ機能低下が生じます.
さらに,心電図変化,胸痛が生じます.

 

 

このダイナミックな変化はたった30秒程度で生じるともいわれています.

 

これらの各変化を多角的に捉え,

「ホンモノっぽいか?(心電図変化が,本当に虚血によるものか)」

を総合判断します.

 

具体的には以下のように調べます.

 

●救急外来でACSの是非を急ぎ判断する検査
〈1〉症状の確認 典型的な胸部不快感(胸痛,圧迫感),放散痛
〈2〉心電図の確認 虚血性変化がないか
〈3〉採血 心筋バイオマーカーの上昇(CPK,CPK-MB,Troponin,h-FABP)
〈4〉超音波検査 心臓壁運動の異常

 

●入院や検査予約で行う検査
〈5〉心筋シンチグラフィ 
〈6〉冠動脈造影CT 
〈7〉冠動脈造影検査(CAG)

 

虚血は「総合判断」であるということがお分かりいただけたでしょうか?
虚血判断における心電図の役割を理解したうえで,
次回から具体的な虚血心電図について説明していきましょう.

 

 

今回のまとめ
●虚血を判断するには心電図検査は必須
●しかし,心電図変化がないからといって
 虚血を否定するのはマチガイ(あくまで総合判断である)

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–

関連する記事