新着記事

その他

【第21回】ST変化の鏡面像(Mirror image)

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第21回 ST変化の鏡面像(Mirror image)

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

 

第16回の記事,「心筋梗塞の心電図の成り立ち(2)ST上昇」で,
貫壁性の心筋梗塞では,収縮期に電極に近づく電気が流れるため,
ST上昇が起こると説明しました.

 

 

お気づきの人も多いかもしれませんが,これらの原則は,
虚血部位と電極の位置関係で変わってきます.
今回はこの点に踏み込んで解説します.
キーワードは「鏡面像」です.

 

 

貫壁性虚血では虚血部に近接した誘導でSTが上昇しますが,
実は対側変化として逆の位置にある誘導のSTが低下します.

 

 

鏡に映したようなので「鏡面像」と呼びます.
第4回で,同じ電流でも見る方向が変われば
記録される心電図の上下がいれかわることを説明しましたね.)

この「鏡面像」の関係を発見することが
貫壁性虚血」が起こっていることの証明になります.

 

 

 

このことをふまえて,「ST上昇」をみた場合と,
ST下降」をみた場合にどうアプローチするかを示しましょう.

 

 

ST上昇をみた場合は鏡面像を探します.
鏡面像がある,すなわち,

ST上昇を認める誘導の
反対側の誘導でST低下を認めれば,
貫壁性虚血であると確定します.

 

 

鏡面像がないST上昇,すなわち,
反対側の誘導でST低下がなかったり,
全ての誘導でST上昇がみられるような場合は
虚血以外の可能性も考慮する必要があります(心筋炎など).

 

 

 

 

ST低下をみた場合も,まずは,
ST上昇の鏡面像を見ている可能性を考えます.
鏡面像であればやはり貫壁性虚血であると確定します.
鏡面像がなければ,内膜下虚血の可能性を考えます.

 

 

なお,今回の知識を活かすためには,
「ある誘導の反対側の誘導とはどれか」
知っている必要がありますので,
次回“冠血流域と誘導の対応関係”で解説します.

 

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師だけでなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–