新着記事

その他

【第16回】心筋梗塞の心電図の成り立ち (2)ST上昇

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第16回 心筋梗塞の心電図の成り立ち

(2)ST上昇

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

今回は心筋梗塞の心電図変化の1つ,ST上昇を解説します.
このST上昇の理由も膜電位で説明することができます.

 

正常心筋と比べて虚血部では様々なイオンチャネルが
その伝導性に変化をきたします.
代表的なものだけでも電位依存性Kチャネル,
Na/K-ATPポンプ,ATP依存性Kチャネルなど
多くのイオンチャネルが関わりますので,非常に複雑です.

 

そこで,膜電位のバランスを拡張期と収縮期に分けて考え,
大切な結論を覚えましょう.

 

虚血部は正常組織と比べて,
拡張期には「脱分極」傾向,
収縮期には「過分極」傾向にあります.

 

その結果,拡張期は虚血部が

相対的にプラスとなりますので

電流は逃げてゆくことになります.

 

このため,拡張期を反映した心電図の部分
(T波の終わりからQRS波の始まりまで)の

基線は正常よりも低下します.

 

一方で,収縮期には虚血部は
相対的にマイナスになりますので
電流は近づいてくることになり,
収縮期を反映した心電図の部分
(すなわちST部分)は

上昇します.

 

 

 

基線はあくまで相対的な立ち位置にあるので,
これらを統合した時に

ST部分が際立って上昇しているように見えるのです.

 

今回のまとめ
●貫壁性虚血では「ST上昇」が生じる.

●この理由は,虚血部位では拡張期には「脱分極」,
 収縮期には「過分極」傾向となるからである.

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–