新着記事

その他

【第18回】心筋梗塞の心電図の成り立ち (4)冠性T波

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第18回 心筋梗塞の心電図の成り立ち

(4)冠性T波

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

心筋梗塞の心電図所見の最後は冠性T波を解説します.
今回も虚血による膜電位の変化と関連付けて理解しましょう.

 

心筋梗塞が生じると,壊死した部分だけでなく
周囲の心筋にも虚血の影響で障害が生じます.
障害された心筋細胞は電気的性質も正常心筋と比べて鈍ってしまい,
再分極相が遅延します.

 

再分極層が遅延することによって,
拡張期には,相対的に正常心筋がマイナス(-)
障害心筋細胞がプラス(+)となります.
したがって,電流は電極から離れていくことになり,
離れていく電気は下向きに記録されるため,
T波の陰転化すなわち冠性T波となります.

 

 

ちなみに,異常Q波はいったん生じると
正常に戻ることはないことを前回説明しました.
一方で,冠性T波の要因となる心筋障害細胞の電気的性質は
改善する場合(リモデリング)も,改善しない場合もあります
このため,冠性T波は陳旧性心筋梗塞の所見には通常含まれません.

 

今回のまとめ
●冠性T波は障害心筋の電流を見ている.
●正常に戻るかは経過次第.

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–