新着記事

その他

【第19回】心筋梗塞の心電図は出る順番が大切

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第19回 心筋梗塞の心電図は出る順番が大切

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

 

これまで説明してきた機序をふまえて,
急性心筋梗塞の心電図の経時的な変化を説明します.
復習がてら流して読んでみてください.

 

(1)
心筋梗塞の超急性期は細胞外K濃度が上昇します.
するとチャネルが活性化されて
T波の高さが増します(T波増高第15回〕).

 

(2)
次に貫壁性虚血が生じると虚血部位では
拡張期には脱分極,収縮期には過分極傾向となることから
ST上昇が起こります(第16回).

 

(3)
さらに,心筋壁が貫壁性に死んでしまうと
window(窓)現象が生じて,
正常では心電図に反映されない,電極の対側の
心筋の電流(電極から離れる)により
異常Q波と呼ばれる深いQ波が出現します(第17回).

 

(4)
最後に拡張期に壊死組織の周辺にある
障害心筋細胞から正常心筋細胞に向かって
流れる(電極から遠ざかる)電流が
冠性T波と呼ばれる陰性T波として出現します(第18回).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これら4つの所見うち,
急性期を過ぎても確実に残る所見は異常Q波だけです.
このため異常Q波は陳旧性心筋梗塞の目印として扱われます.

 

 

 

今回のまとめ
●急性心筋梗塞の心電図所見は
(1)T波増高 (2)ST上昇 (3)異常Q波 (4)冠性T波
の順番で出現する.

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–