新着記事

その他

第22回 冠血流域と誘導の対応関係

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第22回 冠血流域と誘導の対応関係

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

虚血の心電図読影には,
冠血流領域と誘導をセットで覚えることが大切です.

 

まずは肢誘導を整理することから始めましょう.
高校数学でベクトルは移動させることができると

聞いたのではないでしょうか?

 

Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,aVR,aVL,aVFの6つある肢誘導を組み替えて,
同じ向きを向いているベクトルごとに整理して,
誘導の意義を整理しましょう.

 

まず,aVFの3誘導は
下向きに向かってくる電流を捉えることを得意とする誘導です.
ベクトルの向きも並べなおすと図のように全部下を向いていますね.
この3つを「下壁誘導」と呼びます.

 

aVLはともに被験者の左側にベクトルが向いています.
この2誘導は高位側壁を反映しています.

 

aVRは前胸部誘導の対側に位置します.
反対側から広い左室内腔をのぞき込む空洞にみえることから
cavity(空洞)leadと呼ばれます.
12誘導と呼びながらも,このcavity leadは
普段評価するタイミングが実はありません
(つまり11誘導しか普段はみなくてよいのです).

 

しかし,左冠動脈主幹部/3枝病変などの
重症虚血がある時だけaVRはST上昇し,
この時だけは注目する必要があります.
なお,こうした重症虚血では前胸部誘導は
広範にST低下するものですから.
aVRのST上昇+前胸部誘導の広範なST低下」は
危険な虚血とパターンで覚えましょう.

 

 

 

次に胸部誘導(V1-V6)を整理しましょう.
以前にV1-V6の読影ではR波増高の
グラデーションに注目することを説明しました(第12回).
V1-V4は前下行枝の灌流域と一致して中隔~左室前壁を反映します.
V5-V6は回旋枝の灌流域と一致して側壁を反映しています.

 

 

 

 

肢誘導は冠流域のセットでみた時に
縦読みで飛び飛びとなっているため,
非常に読みにくいので眼をならす必要があります.

 

もう少しグラデーションが見やすいように
肢誘導を並び替えたキャブレラ配列というものが存在します.
絶対にそちらの方が読影漏れがなくてよいと思いますし,
1948年に提唱され,わざわざ最新の循環器学会の
ガイドラインにも明記してあるのですが,
全国の12誘導心電図の器械は
一向に改善される雰囲気がありません(実に謎です…) .

 

 

一方で,前胸部誘導は順序良く並んでいるために比較的読みやすいです.
最後にどの血管の虚血がどの誘導に反映されるのかをまとめましょう.

 

 

 

今回のまとめ
●肢誘導 Ⅰ,aVL→高位側壁 Ⅱ,Ⅲ,aVF→下壁誘導 aVR→cavity lead:左主幹部,3枝

●前胸部誘導 V1-V4:前下行枝(LAD)→中隔~左室前壁 V5-6:回旋枝(LCX)→側壁

 

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師だけでなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–