新着記事

その他

【第11回】QRST波形の成り立ち(刺激伝導系その4 心室の興奮と弛緩)

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第11回 QRST波形の成り立ち

(刺激伝導系その4 心室の興奮と弛緩)

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

前の2回の記事で,QRST波形理解の下準備をしてきました.
いよいよ今回は,これらの知識をQRST波形の理解へつなげましょう.

 

まず第9回では,心室の収縮は内膜側から始まり,
拡張は心外膜側から始まるということを説明しました.

 

次に第10回では,心筋細胞が収縮,弛緩するということは
細胞レベルでは各々,脱分極,再分極という膜電位の変化

起こっていると説明しました.

 

したがって,心室の収縮・拡張時に起こる現象を時系列で並べると

「内膜側の脱分極」「外膜側の脱分極」「外膜側の再分極」「内膜側の脱分極」

となります.

 

これをふまえて内膜・外膜の各々の活動電位を示したのが次の図です.

 

 

先に内膜側が脱分極するので,同じ時間の外膜側と比べると内膜は相対的に+です.
このため電流は内膜側から外膜側へと流れます

 

再分極は外膜側から始まるため,この時も内膜は相対的に+となり,
内膜側から外膜側へと電流が流れます

 

外部の電極から見た際には近づく電流は上向きに触れるので,
2つの上向きの波が現れます.
これがQRSの山とTの山なのです.

 

誘導によってはQRSが下向きになるものがあり(後に解説します),
正常ではQRSが下向きならT波も下向きになります.

 

虚血の所見として「陰性T波」というものがありますが,
あくまでこれはQRSの山と逆向きの際につける所見であり,
「下向きのT波」という意味ではありません.
QRSがそもそも下向きの誘導では「上向きのT波」を「陰性T波」とよぶので注意しましょう.

 

 

今回のまとめ
●正常ではQRSとT波は同じ向き
●QRSと逆向きのT波は,上向きでも「陰性T波」とよぶ(虚血の所見)

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–

関連する記事