新着記事

その他

【第17回】心筋梗塞の心電図の成り立ち (3)異常Q波

 

 

みんなの心電図

〜非専門医のための読み方〜

 

第17回 心筋梗塞の心電図の成り立ち

(3)異常Q波

 

 

———————————–

これまでの記事はこちら

———————————–

 

今回のテーマ,異常Q波を理解するにあたって,
Window(窓)現象」という言葉を覚えましょう.

 

心臓の断面はドーナツ様になっています.

電極の対側の心筋には内膜側から外膜側へ
(電極から離れる)電流が流れていますが,
普段は電極直下の電流の影響が大きいため
心電図には反映されません

 

 

 

電極直下の心筋が壊死すると,
そこがまるで窓のようになり
対側の電流が初めてみえるようになります

 

 

 

 

特に胸部誘導では,R波は電極直下の心筋の
起電力がないと生じませんので,
起電力が失われるということはR波増高不良も起こります.

 

第19回で,急性心筋梗塞の心電図所見
(①T波増高,②ST上昇,③異常Q波,④冠性T波)
を時系列でまとめて解説する予定ですが,
異常Q波以外の所見は急性期を過ぎると消失しうる所見です.

 

一方で,死んでしまった心筋は通常再生しませんので,
このwindow(窓)現象による異常Q波は
いったん生じると正常心電図には戻りません

 

このため,異常Q波のみがみられる場合は昔の貫壁性虚血を示唆し,
陳旧性心筋梗塞の所見といえるのです.

 

 

今回のまとめ
●電極直下の心筋壊死が起こると,window(窓)現象で異常Q波が出現する.
●異常Q波は急性期を過ぎても残存する所見である(陳旧性心筋梗塞).

 

 

著者:Dr. ヤッシー
内科医.心電図読影へのあくなき探求心をもち,
循環器非専門医でありながら心電図検定1級を取得.
これまでに得た知識・スキルを臨床現場で役立てることはもちろん,
教育・指導にも熱心.若手医師でなく,
多職種から勉強会開催の要望を受けるなど,頼られる存在.

 

 

——————————————————–

本連載の続き・バックナンバーはこちら

——————————————————–